2017年12月7日更新

オンラインショップ「Bjork(ビヨルク)」をご存じですか?素朴で温かみのある北欧雑貨がとても素敵で、いつまでも眺めてしまいます。過去には仙台にカフェと店舗が存在していた「Bjork」。現在、どんな活動をしているのか気になり、オーナーの菅野美貴さんにお話を伺いました。

「Bjork(ビヨルク)」instagram


ビヨルク_10
オーナーの菅野美貴さん


―「Bjork」を始めたきっかけはなんですか?

主人の仕事関係でスウェーデンに1年間、子どもと3人で暮らすことになったんです。行く前は、漠然と「何か好きなものが見つかればいいな。」と思っていました。元々、スティックリンドメリーというスウェーデンのデザイナーさんが好きで、アンティーク家具を集めたりしていました。偶然好きなものがある場所に行くことができて、嬉しかったですね。過ごしているうちに、人の出会いだったり、物との出会いだったり、実際の蚤の市の風景だったり、が一つになってきました。たまたま、訪れたアンティークショップが休みで、隣にあった白樺細工の工房に立ち寄って感動したことも運命を感じました。
また、北欧は女性の社会進出が世界でトップクラスなので、子育て支援もしっかりしています。女性が、働きやすい環境で輝いている姿を見てきました。日本でも、女性が自分らしく生きることをお伝えすることができたらと思いました。

ビヨルク_11
―スウェーデンでの暮らしが転機となって、「Bjork」につながるんですね。

「Bjork」はスウェーデン語で白樺っていう意味なんですよ。白樺は北欧全土に広がる1番暮らしに根づいている樹木。物がない時代には、白樺の木の皮をはいで、靴や帽子など衣類から食器やお鍋まで作っていました。その、暮らしに根づいた伝統工芸品から、素朴さや背景を知ることができました。また、「ていねいな暮らしや物を大事にする文化を伝えたいな」と思って、白樺細工を扱うオンラインショップを始めました。
白樺細工って木だから長持ちしない、と思う方も多いんです。でも、メンテナンスしながら使えば、100年~200年孫の代まで使えるんですよ。家族の歴史が詰まったものをすごく愛しているところが素敵ですよね。消費税が25%なので、物が買いにくいということもあります。でも、次の代に残せるような「いいもの」を買う習慣があって、簡単に捨てない。それがていねいな暮らしなのかなと思っています。「北欧」=「きれいなおうち」というわけではなくて、暮らし方がていねいなんです。

ビヨルク_08
―「Bjork」の活動スタイルもスウェーデンの影響を受けているんですか?

北欧の人たちは家族を大切にする国、残業もなく、子どものことは第一優先に考えています。職場全体がそういう雰囲気で、誰もとがめることはありません。
ビヨルクもそういう職場にしていきたいと思っています。春夏冬と長期休暇もしっかりとって、子どもの成長によりそった仕事のスタイルというものを心がけています。家庭も仕事も楽しむ北欧スタイルの活動をメンバーにも推奨しています。

ビヨルク_03
―仙台とスウェーデンって、共通点があるんですか?

北欧の町並みは高い建物が少なくて、とても仙台と似ているんです。人柄もシャイで温厚なところが共感できます。また、日本の東北でアケビやブドウの「かご」があるように、北欧にも白樺やネヅの木、モミの木などでつくられた「かご」があります。そういうつながりがおもしろいと思いましたし、縁を感じましたね。知っている国に来たような気分になると思いますよ。

ビヨルク_04
―今後の目標を教えてください。

カフェや店舗経営など、やりたいことは一通りやりきった気がします。それに、今を楽しんでいるので大きな目標は掲げていません。いい点も悪い点もどちらも経験して、無理のない「自分のスタイル」がわかりました。その結果、オンラインショップ・イベント・北欧の暮らしを伝える活動に絞ることにできました。「Bjork」という活動を続けていくことが、今の私にとって1番大切なのだと思います。その中で、新しいこと・もの・人との出会いは常に探していきたいです。
他には、フィンランド・リトアニア・ラトビア・ロシアの細工も素敵なので、もっと幅を広げたいです。民族のことももっと深く学び、その背景も含めて紹介していければいいですね。

ビヨルク_07
今回の取材は、仙台駅東口にある歯科医院「スウェーデンデンタル仙台」にスペースをお借りして行いました。歯を抜かず、生涯にわたってその維持をサポートするというスウェーデンの考え方に基づいた治療を行っているそうです。院内には菅野さんがコーディネートしたインテリアが並んでいますので、ぜひお立ち寄りください。

また、「Bjork(ビヨルク)」さんは12月8日から始まる「フィンランド+SENDAIクリスマスマーケット」にも参加予定。ホームページやインスタグラムもチェックしてみてくださいね。


フィンランド+SENDAIクリスマスマーケット 5DAYS

フィンランド独立100周年のメモリアルイヤーに、仙台駅前で初めてのクリスマスマーケットが開催。 フィンランド企業やフィンランドにちなんだショップ、作家のほか、仙台や首都圏のクリエイターのクリスマス作品や工芸品、お菓子やパン、ジャムなど、50個のブースが出展予定。

日程:2017年12月8日(金)~12日(火)
時間:10:00~21:00
会場:S-PAL + 仙台PARCO
URL:http://www.finland-sendai.net/

クリスマスマーケット告知

「Bjork(ビヨルク)」

ビヨルクロゴ

Share