服部コーヒーフーズ株式会社は、仙台市産業振興事業団が主催する新東北みやげコンテスト受賞企業です。
第3回 「仙臺杜の香り本舗 塩珈琲豆大福・塩珈琲小大福」入賞

昭和30年(1955)、自宅の一部を改装して自家焙煎コーヒー豆を販売したことから始まる服部コーヒーフーズ株式会社。現在は、東日本地区全域の飲食店にコーヒーやチーズ、さらには調味料までも販売する、仙台を代表する食品卸会社です。

服部コーヒー様_①

そんな服部コーヒーフーズが、2015年に立ち上げた新ブランドが「仙臺杜の香り本舗」。コーヒーに合うスイーツを提供しようとスタートしました。

同社営業部の課長で栄養士、フードコーディネーターでもある磯谷綾子さんは「弊社は、コーヒーを中心とした卸がメインの会社です。コーヒーを知っているからこそつくれるスイーツがあるのでは、とのことで2015年にスイーツブランド『仙臺杜の香り本舗』を立ち上げました。その第一弾として誕生したのが、『塩珈琲豆大福』と『塩珈琲小大福』です」と話します。

販売当初はお土産として、仙台駅のおみやげ処での限定販売でしたが、「新東北みやげコンテスト」で入賞してからは、さまざまなチャンネルでの販売を開始。
なんとJALの国内線のファーストクラスのデザートでも採用されました。

服部コーヒー様_②
写真:左から磯谷綾子さんと鈴木亜紀さん

その開発秘話を伺うと、同社営業部の鈴木亜紀さんは「実は、この商品は、弊社の社長のアイディアで開発が進んでいったんです」と教えてくれました。

コーヒーに合わせるスイーツというと、ケーキやクッキーなどの洋菓子をイメージする人が多いはず。そんな中、服部冬樹代表取締役社長は「コーヒーに合う和菓子があってもいいのでは」と発案。服部コーヒーフーズとして初めて小売り向けの商品開発にあたることになりました。

服部コーヒー様_③

「最初は飴を考えてみたり、洋菓子系も出たのですが、『和でいきたい』という社長の意思のもと『大福でいこう』、となりました。一番苦労したのは、塩と小倉餡とコーヒー味のバランス。白餡だとすぐにコーヒー味がつくので簡単なのですが、小倉餡のつぶにこだわってしまったので、味を調えるのが大変だったんです」と、磯谷さんは明かします。

あんこの中には、コーヒーと伊達の旨塩が入っていますが、なぜ塩を入れようと考えたのでしょうか。「実は、コーヒーにひとつまみ塩を入れると美味しくいただけるんです。それを大福でもやってみよう、と試してみました。実際にやってみたら、塩を入れると甘味がスッと引くので、甘いものが苦手な方でも美味しく召し上がっていただけるものになったと思います」と、鈴木さん。

服部コーヒー様_④

味付けに欠かせないコーヒーは、もちろん自社製品。『杜の香り』という服部コーヒーこだわりのブレンドコーヒーの微粉末を使用しています。レギュラーコーヒーの粉を入れるとざらつきが出るので、この微粉末に落ち着きました。」と、磯谷さんは教えてくれました。

服部コーヒー様_⑤

餅生地にもこだわりました。鈴木さんは、「大福に合う、柔らかいお餅を求めていて。あまり柔らかすぎても包めないですし、固くても伸びが悪くて包めないんです。さらに、餅の生地に豆が入ったことで穴が開いてしまう。そんな中でも、一緒に取り組んでいる製造元の協力もあり、餅らしい、柔らかな食感のお餅をつくっていただくことができました」と。

さらに、大福の中に入るクリームも、あんこに合う味わいで2種類をブレンド。乳脂の割合で味が変わるため、コーヒーとの相性を何よりも優先させました。

服部コーヒー様_⑥

服部コーヒー様_⑦

真っ白なパッケージは、服部社長のこだわりだったといいます。「お菓子は、汚れの問題もあって、白いパッケージがないんですね。ですが『塩珈琲豆大福・塩珈琲小大福』は、真っ白なパッケージを塩の結晶に切り抜きして、下地に赤と青を敷いたんです」と、磯谷さん。

デザインを担当したのは、パッケージ資材を扱う企業のデザイナー。何案かデザインを出してもらいながら、「塩の結晶を入れられますか?」「コーヒー豆の形に切り抜きできますか?」などとのやりとりを半年ほど重ね、インパクトのあるパッケージが完成しました。「ネーミングももちろん、デザインの白と赤&青が目立つので『これはなんだろう』と手にしていただくことが多いのかな、と思います。デザインの力は本当に大きいと思いますね」と、鈴木さん。

販売開始から、4年目。最初はあえて「服部コーヒーフーズ」の名前を表に出さなかったのだといいます。
「食べて、パッケージを見て『あ、服部コーヒーフーズさんなんだ、だからコーヒーね』と反応をくださるお客さまも多くて」と、磯谷さんは笑います。
磯谷さんも「『塩珈琲豆大福』という名前で味の想像がつかないようで、食べると『おーっ』という反応をいただくようです。これは弊社社長の『思いがけなさ、驚きを加えたい』という思いが実現したもの。今後も、意外性や食べた感動を追及しながら新しい商品開発ができたらいいですね」と目を輝かせます。
この商品は、直営店の「エビアン エスパル店」でも、塩珈琲豆大福とサイフォンで丁寧に淹れたコーヒーとのセットで提供しています。

服部コーヒー様_⑧

服部コーヒー様_⑨

さらに、新商品のリリースも決定。
その名も、伊達の旨塩とベルギー産クーベルチョコレートを使用した「COCO 小町」。香ばしく焼き上げたココナッツをコーヒーと高級チョコレートでコーティングした一品で、一口食べればクセになるスイーツです。

服部コーヒー様_⑩

これからも、服部コーヒーフーズは、自社の強みを活かしながら、消費者をあっと驚かせるような商品をつくり続けていくことでしょう。

塩珈琲小大福の詳細はコチラ


服部コーヒーフーズ株式会社

住所:〒980-0014 仙台市青葉区本町1丁目3-21
営業時間・お問い合わせ:9:00~17:00
定休日:土・日曜日・祝日
TEL:022-214-8010
URL:http://www.hattori-cf.co.jp/index.html

杜の香り本舗ロゴ

撮影/堀田 祐介

東北大学法学部卒業後、仙台市内の商業写真撮影会社に就職。写真の道に進む。アシスタントを経てカメラマンとなり、物撮、人物撮影など、写真全般にわたり様々な仕事をこなしながら10年勤務。その後準備期間を経て独立、現在はフリーランスとして、プロバスケットボール・仙台89ERSオフィシャルのほか、広告、雑誌、ウェブなど幅広く手掛けている。

hotta1