サムライアロハ

眠っていた着物がアロハシャツに

アロハシャツの起源は、ハワイに渡った日本人が持ち込んだ日本の着物といわれています。この「サムライアロハ」は、東北各地の着物を宮城に暮らすお母さんたちが洗い、裁断し、福島の縫製工場でアロハシャツに仕立てたもの。東北が復興に立ち向かう姿を侍の不屈の精神に重ね合わせ、「サムライアロハ」と名付けられました。美しい日本の着物から仕立てられた、すべてが一点もののアロハシャツを、粋に羽織ってみてはいかが?

仙台から全国、そして世界へ―

株式会社サムライアロハ。古物商を営む男性が「日本には2億着もの着物が眠っている。そのままにしておくのはもったいない!」と、アロハシャツを作ることを決意したことから始まります。地元のお母さんたちの協力を得てスタートした「サムライアロハ」。仙台から、全国、そして世界へ美しいアロハシャツを届けます。現在オンラインショップのほか伊勢丹メンズ館、アダストリアなどで販売中です。

販売サイト
https://samuraialoha.thebase.in/
新東北みやげコンテスト
第6回(2019年)/特別賞
銘品ものがたり
「サムライアロハ」


掲載日/2020年8月

株式会社サムライアロハ

  • 所在地:〒981-1104 宮城県仙台市太白区中田5-13-65
  • TEL:090-6254-6594 FAX:022-306-4742
  • URL:https://www.samurai-aloha.com/
  • 担当者:代表取締役 櫻井 鉄矢