宝潤羹

見た目も美しい、モダンな羊羹

江戸時代から二本松藩主丹羽公の御用菓子として、参勤交代の献上品・東北列藩のお買い上げ品とされた玉嶋屋の本煉羊羹。その伝統技法をそのままに、ラム酒を染み込ませたいちじくを入れ、ナッツやドライフルーツを添えたのが、この「宝潤羹」です。一口で食べられるカジュアルさと、「宝」の名を冠するに足る美しいビジュアル、口に入れたときの上品で豊かな味わい…と、“大人のお持たせ”にピッタリの一品。ワインやシャンパンなどのアルコールとの相性も抜群です。

江戸時代よりの老舗御用菓子店

二本松藩主丹羽公の御用菓子店として、江戸時代より引き立てられた老舗。福島の楢薪を用いて強い火力で一気に炊き上げる「二本松羊羹」の元祖ともいわれ、看板商品である「本煉羊羹」は、砂糖が表面で結晶化し、サクッとした食感になるのが特長。この「本煉羊羹」や全国的にも知られる「玉羊羹」といった伝統的な菓子だけでなく、時代にあったさまざまな新商品も開発しています。

販売サイト
https://tamasimayashop.com/
新東北みやげコンテスト
第6回(2019年)/入賞
掲載日/2020年11月

株式会社玉嶋屋

  • 所在地:〒964-0917  福島県二本松市本町1-88
  • TEL:0243-23-2121
  • URL:http://www.tamasimaya.com/
  • 担当者:和田明久