秋田杉アロマスプレー

林地残材の杉を、アロマスプレーに!

大規模建設などで建材として利用されている杉材。しかしながら、葉部は活用方法が見出されておらず、98%が林地残材となっていました。その問題解決に寄与するアロマオイル、そしてより手軽に使える商品として、アロマスプレーを商品化。「色良し・かたち良し・香り良し」で知られる日本三大美林「秋田杉」と「世界遺産・白神山地」の天然水を使用し、「いつでもどこでも空気を浄化し、森林浴を楽しめる商品」が誕生しました。

産学連携で、生態系も豊かに

「アトリエアンダンテ」は、秋田県立大学の研究を原点に、未活用の杉葉からフィトンチッドの素となっている精油を製造・販売しています。県立大で杉の精油に鎮静・鎮咳・ダニ繁殖抑制・抗菌などの働きがあることが確認されにことに注目し、50メートルにも及ぶ木の先端部分から新鮮な葉を厳選し蒸留することでエッセンシャルオイルを抽出。林地残材を増やさないことで森林の手入れを行き届かせて山に費用還元をもたらし、生態系を豊かにすることを目指しています。

アトリエアンダンテ