脳キラ☆スクール | 開業者インタビュー | 仙台市起業支援センター アシ☆スタ

開業者インタビュー

脳キラ☆スクール

サービス

そろばんと数を楽しむメソッドで子どもの脳力と自信をUP!

起業のきっかけは何ですか?

東日本大震災を機に福島県の沿岸部から喜多方市に自主避難したところ、避難先に被災児向けの無料のそろばん教室がありました。当時小2だった娘を通わせ始めたのですが、私自身も小学生の時にそろばん教室に通っていた経験があったので、ふと「そろばんの先生ってどうやったらなれるんだろう」と思ったんですね。それでその教室の先生に指導方法を教えていただき、近所の集会場を借りて自分の教室を開いたのが2011年12月のことです。その後、2018年8月に家庭の事情で仙台に引っ越し、アシ☆スタに相談に行って2019年2月に無事開業することができました。

一般的なそろばん教室と違うようですが。

喜多方で開業した当時は、大会での入賞や級取得重視のため、早くそろばん操作を覚えさせ、暗算技術を身につけさせる指導をしていました。それが厳しい指導になってしまい、結果として、できない子は自信を失くしてしまいました。加えて娘は地域の大会で優勝するくらい上達したのですが、算数に苦手意識を持つところがありました。それで悩むようになり、教室を始めて1年ほど経った頃からSNSでつながった全国各地のそろばんの先生たちにお願いして、教室を見学させていただきました。その中で出会ったのが、計算力や暗算力だけでなく、論理的・分析的な考え方といった数学的思考力も一緒に育むことができるSSKCLUBの教育理念とメソッドでした。同時に、子どもの自信を引き出す方法を探す中で、アドラー心理学という勇気づけの考え方と出会いました。そのため私の指導法は、SSKCLUBやアドラー心理学などをベースに作り上げたオリジナルと言えます。

3歳児から小学6年生までが対象とのことですが、具体的にはどのような指導内容ですか?

そろばんの級ごとにSSKCLUBのテキストがあるので、まず自分のレベルにあったテキストに挑戦します。そして一冊終わったらタブレットを用いてゲーム感覚で復習をします。その後、そろばんの検定試験にチャレンジし、合格したら1つ上のレベルのテキストに入ります。これを繰り返してレベルアップしていくわけですが、途中途中で努力した時の喜びを倍増させる「お楽しみ」を取り入れています。また一人一人が自分の「達成カード」を持ち、自分の努力を見える化することで、自信を育んでいます。まだまだ試行錯誤の最中ですが、この方法を取り入れてから学び始めた息子は算数が大好きで、考える力もしっかり身についています。他の子どもたちも教室に通うのを楽しみにしてくれています。そのため自信を持ってこの指導方法を広めたいなと思っています。

今後の展望を教えてください。

私の教室では、大人向けのそろばん教室も開いています。こちらでは大阪在住のそろばんの先生と脳科学者が認知症予防のために開発した脳トレのプログラムを導入しています。高齢者の方はそろばんの経験者が多いので久しぶりに触ると自信につながるし、脳が活性するんですね。認知症予防に有効だと実感しているので、出張教室なども実施しながら広めていければと考えています。

アシ☆スタのサポートはいかがでしたか。

初回の相談から1〜2ヶ月は毎週のように通って、顧客価値の洗い出しとビジネスプランを練りました。自分の教室がほかのそろばん教室と何が違うのか、お客様が得られる価値は何なのかといったことを、担当になった中小企業診断士の先生がとても親身に指導してくださったので、私自身じっくりと考えて、深く掘り下げることができました。おかげでその後、HPやリーフレットなどの販促ツールを作る上でも、自信を持って差別化ができたと思います。また、紹介してもらったデザイナーさんに作っていただいたイメージキャラクターもとても好評です。開業後もHPのアクセス解析用ツールの導入など、困ったことがあったらその都度教えていただいています。無料相談で申し訳ないと思うくらい、感謝の気持ちしかありません。

起業家からのメッセージ

起業するにあたって、心細かったり、不安になったりすることもあると思います。でもアシ☆スタは自分の迷いを客観的にフィードバックしてくれるので、本当にありがたいし、走り出している今も自分はひとりじゃないって思えます。起業を考えている方は、ぜひアシ☆スタに行ってみてください。

取材日:2019年9月12日

開業者情報

企業名
脳キラ☆スクール
代表
田原 美咲
開業
2019年2月
HP
https://www.noukira.com
電話
022-397-6735
所在地

仙台市太白区長町8-21-6サンライフ長町303

Googleマップ