テレワーク推進体験型イベント企画運営業務の業務受託者を募集します

ITツール体験イベント


お問合せの質問内容はこちらの質問一覧よりご確認いただけます

1.事業目的

新型コロナウイルス感染症を契機に実施が進んでいる、テレワークの導入や継続実施にあたって、種々の課題や不安が浮き彫りになってきました。テレワークは感染リスク低減だけでなく、 従業員のワークライフバランスの実現や、企業の生産性向上などへの貢献が期待されるものであることから、公益財団法人仙台市産業振興事業団では、仙台地域中小企業における テレワーク導入・定着に関する課題や不安を払拭し、実施を促進するためにテレワーク推進のための体験型イベントを実施します。

2.業務の主な内容

・イベントの企画・調整・運営

・会場等の手配・設営・管理・撤去

・イベントに関する情報発信・広報業務

・出展者の募集・受付・管理

・来場者の募集・受付・管理

・アンケートの作成・実施 など


3.委託契約金額

上限920万円(消費税、地方消費税込み)

4.主な応募資格

・法人格を有すること

・本業務を的確に遂行するに足りる能力を有する者であること

・当該契約を締結する能力を有しない者でないこと

・破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者でないこと

・宗教活動や政治活動を主たる目的とする団体及び暴力団もしくは暴力団員の統制の下にある団体ではないこと

・仙台市税(仙台市税納税者でない場合は、本店所在地の市町村民税)、法人税、消費税及び地方消費税を滞納していないこと


5.契約期間

令和3年3月22日(火)まで

6.応募にあたっての質問及び回答

質問の受付は終了いたしました


7.主な提出書類

・応募申込書(様式第2号)

・応募資格要件を満たす旨の誓約書(様式第2号の2)

※グループで申請する場合のみ提出

・企画提案書(様式第3号)

・必要経費の概算

・定款または寄付行為

・履歴事項全部証明書

・提案者の概要が分かる資料(会社案内等)

・直近の決算書またはこれに類する書類

・市税の滞納がないことの証明書

・未納の税額がないことの証明書


8.審査方法

企画提案書等の提出書類をもとに書類審査及び面接審査を行います。
面接審査は11月5日(木)に実施します。

9.スケジュール

令和2年10月20日(火)17時質問票の提出期限(受付終了)
令和2年10月27日(火)13時提案書の提出期限
令和2年11月 5日(木)面接審査
令和2年11月 12日 (木)(予定)業務委託契約締結、事業開始
令和3年 3月22日(火)業務終了


10.申込方法

必ず募集要項仕様書をご確認の上、令和2年10月27日(火)13時まで書類一式をご提出ください。

11.提出先および問い合わせ先

公益財団法人仙台市産業振興事業団
IT活用推進課
〒980-6107 仙台市青葉区中央1-3-1 AER7階
TEL: 022-724-1125 FAX : 022-715-8205
E-mail: itsuishin@siip.city.sendai.jp