産学連携セミナー 第127回寺子屋せんだい

情報セキュリティを支える「暗号技術」

本セミナーは終了しました

「寺子屋せんだい」は地域企業の技術者に向けたサロン形式セミナーです。各分野の最前線を走る先生方がテーマに沿って分かりやすくお話しします。
今回のセミナーでは、東北大学電気通信研究所 教授 本間 尚文 氏をお招きして、情報セキュリティを支える「暗号技術」をテーマに講義いただきます。情報セキュリティ対策の重要性がますます高まるなか、その基幹技術となる「暗号技術」の基礎から最新動向まで分かりやすくご紹介いたします。ぜひお気軽にご参加下さい。

このセミナーはこんな方におすすめです

  • 暗号技術の理解を深めリスク対策を見直したい方
  • ソフトウェア・ハードウェアのセキュリティ対策について知りたい方
  • 研究者や企業技術者等とのネットワークを作りたい方

主催

公益財団法人仙台市産業振興事業団

日時

平成30年12月18日(火) 18:00~
(1時間程度の講演終了後、先生方を交えた交流会を行います)

会場

AER7階 (公財)仙台市産業振興事業団 会議室A(仙台市青葉区中央1-3-1)
アクセス


講師

講師

(本間 尚文 氏)

東北大学電気通信研究所
教授 本間 尚文 氏

 

【プロフィール】
博士〔情報科学〕(東北大学)。専門はLSIコンピューティングおよびハードウェアセキュリティ技術。特に暗号をソフトウェアやハードウェアで実装する方法に興味を持つ。
日本学術振興会賞、市村学術賞、ドイツイノベーションアワードなどを受賞。CRYPTREC 暗号技術検討会構成員、JEITA ハードウェアセキュリティ技術分科会委員長も務める。


セミナー概要

- まるで映画の世界? 日常に溶け込む「暗号」-

「暗号」と聞くとどんなイメージでしょうか。
スパイや戦争の映画にでてくる非日常の世界を想像するかもしれませんが、もはや日常生活に欠かせない情報セキュリティの基幹技術です。一方で、世界では現在でも新たな暗号の研究開発が活発に繰り広げられています。
本セミナーでは、現代の暗号技術の基礎から最新動向・今後の展望について紹介します。

チラシはこちら


参加費

1,000円(税込)※当日お支払い、交流会費込み


定員

40名(先着順)


申込方法

 

※受付終了しました。



お問合せ

公益財団法人仙台市産業振興事業団
産業創造部 新事業推進課 担当:玉置・浅野
TEL : 022-724-1126 FAX : 022-715-8205
E-mail:shinjigyo@siip.city.sendai.jp