ジョブ・スタ せんだい ジョブ・スタ せんだい

仙台・宮城の就職活動ポータルサイト

インタビュー

UIJターン社員

企業の先輩

ペットを愛する人々の日々を、Webサービスで支える

株式会社シムネット 菅野 優子さん

仙台駅東口にオフィスを構える株式会社シムネット。企画や設計、システム開発から、デザイン、ライティング、サーバー管理、カスタマーサポートまで、Webにまつわるさまざまなサービスを展開する企業です。

シムネットが運営する、ペットとの生活をサポートするWebサイト「みんなのブリーダー」 「みんなのペット健康専門店」 「みんなのペットライフ」 などは、ペットを愛する多くの人たちに活用されています。

そうしたユーザーを支えている一人が、ビジネス推進部でWebディレクターとして働く菅野優子さん。2019年に中途入社をしたのち、プロジェクトリーダーとして統括を任されているパワフルかつスキルフルな女性です。

秋田県出身の菅野さんは就職を機に仙台へ。「仙台は気候が穏やかで過ごしやすいうえに、程よく都会なところが気に入っています」

仕事もプライベートも大切。だから転職を考えた

大学卒業後に入社した会社もWeb制作会社だったという菅野さん。「もともとはバリバリ働きたいと思っていたんです」とその当時を振り返りますが、結婚を機にハードワークに追われた生活を見直すようになったといいます。「もう少しプライベートが充実できたら…」そう考えていた時に出会ったのがシムネットでした。

「仕事内容が前職とほとんど変わりないこと。そして残業時間が少ないことや家庭のあるスタッフが多く休みを取りやすいことなどが魅力でしたね。ここなら、仕事とプライベートを両立させられると思いました」

Web制作会社の仕事といえば、長時間労働や、営業スタッフ・デザイナーなどとの軋轢があるイメージ…。しかし、「シムネットにはそういう雰囲気はまったくないですね」と、菅野さんは答えます。

「今も隣の部屋で会議をしていますけど、スタッフたちの笑い声が聞こえてきますよね。普段もスタッフの間では笑いが絶えません。社内はいつもこんな雰囲気だから、入社してからもすぐに溶け込めたのだと思います」

シムネットには、社員の声や改善点を上層部に届けることができる、“目安箱”と呼ばれるシステムがあります。また、1ヶ月に一度行われる上司との面談では、社員一人ひとりの要望にきちんと耳を傾けてくれるといいます。

一般企業では、一社員が上司に意見すること自体難しく、声をあげたところで届かないこともあるでしょう。しかしシムネットでは会社自体がよりよい姿に進化するために、立場や役職の壁を越えた意見のやり取りが常識。

穏やかで笑い声の絶えない職場の雰囲気は、こうしたフラットでしなやかな関係性の上にこそ表れるのかもしれません。

「スタッフも上層部も、凝り固まった考えがない」と語る菅野さん。社内では、「常にルールを新しくしていこう」という気概も感じられるという

社員の意見を踏まえたうえで、コロナ禍に対応

新型コロナウイルスで働き方が大きく変化した今年の春。
シムネットでは、社員へのアンケートを行った上でいち早く時差出勤やテレワークを導入し、日々変化する状況に合わせたコロナ対策を行なったといいます。

会社のパソコンや電話機のシステムを切り替え、どんな仕事でもテレワークが可能な環境を整備。5月には全社員がテレワークに移行し、それぞれの自宅で業務に当たっていたそうです。

そのスピーディな会社の対応を振り返り、菅野さんは「不安よりも安心の方が大きかった」と語ります。

「この会社は仕事柄打ち合わせが多く、普段も対面で話をすることがほとんど。だからテレワークに切り替えることでスタッフ間のコミュニケーションが減ることや、進捗の確認ができるかどうかが不安でした。でも、勤務が始まる前に今日一日の業務内容をスタッフ全員で共有したり、業務中もチャットでこまめに連絡を取ったりと、頻繁に状況を共有することで不安はなくなっていきました。悩みといえば、周りにスタッフがいなくてさみしいと感じることくらいでしたね(笑)」

テレワーク中は、愛猫・とろろ君と遊ぶことが息抜きに。コロナ禍で、家で過ごす時間が増えたことも猫を迎える理由のひとつになった

ブリーダーとペットを、末長くサポートするために

現在、プロジェクトリーダーとして活躍する菅野さん。
今後、会社運営の新たな主軸となるような企画の中心人物として、スタッフを束ねる日々を送っています。

「今進めているのは、ブリーダーの方に向けて遺伝子検査をしませんか?と提案していくプロジェクト。ある種の遺伝病は、遺伝子検査を行うことで発症リスクを調べることができます。リスクのない健全なブリーディングを行うことで、遺伝病を発症しない子犬・子猫が生まれるようになるんです。遺伝子検査の知識や必要性をブリーダーさんにも知ってもらえるよう、コンテンツや機能を制作しているところです」

当初は遺伝子検査を受けられる機能を作るためだけに仕事を進めていたそうですが、次第に“ブリーダーへの啓蒙や周知の徹底も大切”だと感じた菅野さん。自社サイトを通じてペットとブリーダー、新しい飼い主が幸せであること、そして「長い期間でブリーディング支援につながること」の大切さにいち早く気づいた菅野さんは、まさにプロジェクトの中心人物にふさわしいリーダーです。

先日、菅野さんは自社で運営するサイトを利用して子猫を迎えたといいます。実際にサイトを使ってみることで気づいた点や使い勝手が悪かったところは会社へフィードバック。これまでなかなか見えづらかったブリーダーと飼い主のつながりをより明確にするなど、菅野さんのユーザー目線をとおした気付きが、使いやすさやわかりやすさ、安心や安全へ向けた改善の種になっていきました。

ペット関連の本は全社員の必読書。休憩室の本棚には仕事にまつわる書籍がずらりと並べられている

自ら動いて、 “生の声”を聞きにいく

菅野さんにこれから挑戦したみたいことを聞いてみました。

「サイトを利用するユーザーの声だけでなく、ブリーダーの方の声も含めてサービスに生かしたいですね。サイトでの販売が効率よくできるだけでなく、先ほどもお話しした遺伝子検査や、繁殖の支援など、ブリーディング全体に関するサポートをノウハウや機能の提供を通じて行えれば、と考えています」

「ブリーダーの声をもっと拾い上げたい」と語るのには、これまでブリーダーの方たちと「会う」機会がほとんどなかったという現状があります。それを打破するために、菅野さんは自らの足でブリーダーの方との距離を近づけようとしています。

「書面上のアンケートだけではわからない“生の声”を、インタビューで聞き取ることにしたんです。そうすることで、今後ブリーダーの方の意見を踏まえた機能や企画を考えることができる。こういった構想は以前からあったものの、伝手や人員不足などの理由からなかなか動き出せずにいました。ようやく実現できて、改めて、自分でもいい取組みだと感じています(笑)」

本棚にはライティングやマーケティングに関するビジネス書も。幅広い知識をインプットできる場が用意されている

求む!社風に似た“フレキシブル”な人

スタッフが仕事に集中できる場を迅速に用意してくれる。
前例のない事例にチャレンジするスタッフの背中を後押ししてくれる。
快適なオフィス空間と穏やかな人間関係の中で、思い思いの仕事ができように配慮してくれる。
そのうえで、人々とペットの幸せを支える手伝いをする…。

他の企業ではなかなか真似できない新しさを取り入れ、常に心地よい風が社内に流れるシムネット。
この会社には、どんな人が向いているのでしょうか。

「コロナウイルスでの対応もそうでしたが、会社自体さまざまな出来事に柔軟に対応することが多いので、スタッフもフレキシブルに動ける人が多いように感じます。また、この会社はスピードがものすごく早い。先週『こんなことをやってみよう』と話していたと思ったら、今週にはもうリリースされている、なんてこともあるほど。仕事に対してスピード感を持って取り組むことができる人も、この会社には向いているかもしれません。また自社サービスを継続的に行なっていくうえで、 “つくって終わり”の考え方ではない方がいいと思います。リリースしたものに対して効果の計測までしっかりできて、じゃあ次はどうする?と考えられる姿勢も大切です」

コロナウイルスの影響で、就職・転職活動もままならない状況が続く今。
しかし、菅野さんは新天地を求める皆さんに「新しい視点で企業を見つめよう」とエールを送ります。

「仕事探しが難しい大変な中ですが、今までのやり方にとらわれない対応をしている企業を探すことが鍵になるかと思います。例えば、オンラインで面接をしたり、Webセミナーを導入している企業を探してみるのもいいかもしれません。また、今はテレワークが増えてきていることで地域を選ばずに仕事ができるという利点もありますよね。新しい価値観の中で就職・転職活動ができるのはきっといいことのはず。大変だと思い詰めず、視点を切り替えてプラスに考えてみるのもいいかもしれません」

(2020/9/16取材 ライター:及川 恵子)

菅野 優子さん 株式会社シムネット

プロフィール
大学卒業後に入社した会社もWeb制作会社だったという菅野さん。「もともとはバリバリ働きたいと思っていたんです」とその当時を振り返りますが、結婚を機にハードワークに追われた生活を見直すようになったといいます。「もう少しプライベートが充実できたら…」そう考えていた時に出会ったのがシムネットでした。

企業情報をくわしくみる

新着のインタビューはこちら