英会話スクール Zoom Zoom English | 開業者インタビュー | 仙台市起業支援センター アシ☆スタ

開業者インタビュー

英会話スクール Zoom Zoom English

サービス

地域に寄り添い、英語の楽しい学びを提供

起業のきっかけは何ですか?

以前住んでいたアメリカのポートランドでも、起業家として様々な事業を展開していました。仙台を初めて訪れたのは2014年。都市の規模や気候、大学の街であるという点がポートランドと似ていたことが気に入り、移住を思い立ちました。当時は東日本大震災の影響で転出する外国人の方もいましたが、外国人ならではのビジネスの基盤と実績をつくる機会と捉えることもできました。そこで、これからの国際化社会の流れに沿う英会話スクールの開校を決めました。

事業の特徴やこだわりを教えてください

スクール名の“Zoom Zoom”には、「今こそ挑戦しよう」という思いを込めています。お子様から社会人の方、医療などの専門分野の方に至るまで幅広い層にご利用いただいており、多様な職務経験のあるネイティブの講師が一人ひとりの学習目標を達成するサポートに努めています。また、親子でご参加いただけるイベントや、カルチャーセンターでのシニア向けの出張講座も開催しています。ただ英語の学びを提供するのではなく、地域に溶け込んだサービスを心がけています。

起業に活用したスタートアップビザ制度や、アシ☆スタのサポートはいかがでしたか?

外国人が日本で「経営・管理」の在留資格の認定を受けるには、事務所開設の他に資本金や常勤職員数の要件を達成する必要があります。しかし、国家戦略特区である仙台市に導入された「スタートアップビザ制度」を活用することで、6ヵ月にわたり認定要件が緩和され、この間にすべての要件を満たすことができました。アシ☆スタを利用したのは、本制度で必須となっている創業活動の進捗報告の窓口となっていたことがきっかけでしたが、併せて認定要件を達成するためのプロセスや財務・税務面について相談させていただき、仙台駅徒歩圏の物件選びや、レッスンの時間・質を考慮した合理的な料金設定などの検討につなげることができました。

今後の展望を教えてください。

現在は市内中心部の一拠点ですが、泉区など郊外のエリアにもカフェのようなアットホームなクラスを設置したいです。また、支店を増やし、さらに英会話を普及させていくことも大きな目標です。それからスクールの運営以外にも、自身の経験を生かし、仙台での起業を考える外国人の方々のサポートをする新事業を展開させたいと思っています。

起業家からのメッセージ

仙台がより国際的に発展した都市になっていくよう、地域コミュニティの一員として貢献していきたいと思っています。色々苦労もありましたが、おかげさまでZoom Zoom Englishは開業1周年を迎えることができました。年内(2018年)中に入会お申込の方には受講料金が割引になるキャンペーンも実施しています。ニーズに合わせて楽しい英語の学びをご提供いたしますので、ぜひお気軽にご利用ください。


取材日:2018年11月19日

開業者情報

企業名
Zoom Zoom English
代表
Jason Michael Lewis(ジェイソン・マイケル・ルイス)
開業
2017年11月
HP
https://www.zoomzoomenglish.com
電話
070-2430-8891
所在地

仙台市若林区新寺2丁目1-18 佐々木ビル2F

Googleマップ