産学連携セミナー 第124回寺子屋せんだい
「通研に来ませんか? -AI・IoT…大学の技術を経営に活かす“はじめの一歩”-」

「寺子屋せんだい」は地域企業の技術者に向けたサロン形式セミナーです。各分野の最前線を走る先生方がテーマに沿って分かりやすくお話しします。
今回は長年シンクタンクや大学で産学連携・地域貢献活動をしてこられた東北大学電気通信研究所(通研)特任教授・産学官連携推進室長 荘司 弘樹 氏をお招きして、通研が取り組む先端技術の研究活動や他地域での産学連携事例をご紹介します。
ぜひお気軽にご参加下さい。

このセミナーはこんな方におすすめです

  • 通研の研究成果や産学官連携活動について知りたい方
  • 先端技術を活用した民間企業の取り組みについて知りたい方
  • 研究者や企業技術者等とのネットワークを作りたい方

主催

公益財団法人仙台市産業振興事業団

日時

平成30年9月27日(木) 18:00~
(1時間程度の講演終了後、先生方を交えた交流会を行います)

会場

AER7階 (公財)仙台市産業振興事業団 会議室A(仙台市青葉区中央1-3-1)
アクセス


講師

講師

(講師:荘司 弘樹 氏)

東北大学電気通信研究所
特任教授・産学官連携推進室長
荘司 弘樹 氏

【プロフィール】
1992年東北大学大学院工学研究科博士後期課程を修了。東北大学工学部助手、助教授を経て、三菱総合研究所主任研究員、ICR・知的クラスター本部科学技術コーディネーター、宇都宮大学地域共生研究開発センター准教授を歴任。その後、東北大学電気通信研究所産学官連携推進室およびURAセンター特任教授に就任。先端科学技術の研究開発を行う機関を企業等に活用してもらうため、産学官連携活動に携わる。


セミナー概要

東北大学電気通信研究所(通研)とは、磁気テープやハードディスクなどの磁気記録や半導体、光通信をはじめとした情報通信の研究で世界をリードしてきた研究所です。
その技術を広めるため、民間企業との共同研究や技術相談を行っています。
今回の寺子屋せんだいでは、地域の中小企業が大学の技術を経営に活かすための“はじめの一歩”として、通研の先端技術の研究活動や産学連携事例についてお話しします。
ぜひお気軽にご参加下さい。


参加費

1,000円(※当日お支払い、交流会費込み)


定員

40名(先着順)


申込方法

 

①下記フォームからお申込いただけます。
お申込はこちらから

②上記以外の申込方法
「第124回寺子屋せんだい申込」と明記し、氏名・所属団体名・部署(役職)・電話番号・メールアドレスを明記の上、メールかFAXでお申し込みください。(様式自由)

※ お申込でご記入いただいた個人情報につきましては、当該セミナーの受講者名簿の作成および受講または受講後のフォローアンケートに関する連絡のほか、公益財団法人仙台市産業振興事業団および仙台市主催の各事業情報提供の目的のみに使用いたします。


申込締切

平成30年9月25日(火)まで


お問合せ

公益財団法人仙台市産業振興事業団
産業創造部 新事業推進課 担当:玉置・浅野
TEL : 022-724-1126 FAX : 022-715-8205
E-mail:shinjigyo@siip.city.sendai.jp