ホーム > 経営課題を解決するためのメニュー > 経営支援セミナー > デザイン活用セミナー『ゼロから「デザイン」する地域産品 ~石巻のお茶を使った紅茶「kitaha」ができるまで』

デザイン活用セミナー
『ゼロから「デザイン」する地域産品 ~石巻のお茶を使った紅茶「kitaha」ができるまで』

マーケティングの手法を活かした訴求力の強い商品のつくり方と、実際に開発に携わったフードスタイリスト、フォトグラファー/デザイナー、新商品の開発にチャレンジした企業の話を交えて、新商品が完成するまでの一連の流れを学んで頂くセミナーです。

主催

公益財団法人仙台市産業振興事業団


日時

平成30年8月2日(木) 16:00~18:00


会場

中小企業活性化センターセミナールーム(2)A
(仙台市青葉区中央1-3-1 AER6階)
アクセス


対象

商品開発担当者・中小企業経営者・デザイン活用に興味のある方など


定員

30名(先着順)
※定員になり次第、申込終了とさせて頂きます。


受講料

無料

※セミナー終了後、交流会があります。
(参加費500円 当日受付にてお支払いただきます)
 


内容

『ゼロから「デザイン」する地域産品
    ~石巻のお茶を使った紅茶 ”kitaha” ができるまで』

第1部 講義「地域産品を『デザイン』するとは?」

商品開発において、形状やパッケージなど「見た目」のデザインをする前に必要な「デザイン」があることをご存知でしょうか? 東北の中小企業の商品開発・ブランディングを数多く手がけてきた笠間建氏が、自身が携わった「kitaha」(石巻の桃生茶でつくった紅茶)の開発・ブランディングを紐解きながら、「商品をゼロからデザインする」方法やポイントについて解説します。

第2部 座談会「クライアントとクリエイターのいい関係」

製造販売元である有限会社ファーム・ソレイユ東北の日野雅晴氏、朱夏氏、それぞれに異なる職能を持つ開発・ブランディングチーム4名が、kitahaや新ラインナップ「食べるkitaha」シリーズの開発・ブランディングを振り返りながら、チームとして仕事をする上で理想的な「クライアントとクリエイターの関係」についてざっくばらんに語り合います。

講師

講師
(講師 笠間 建)

公益財団法人仙台市産業振興事業団
ハンズオンコーディネーター
笠間 建 


地域シンクタンクを経て、健康福祉系会社で産学官連携による健康サービス・商品の開発営業や事業設計、企画・運営などを担当。仙台市印刷団地協同組合インキュベーションセンター「FLight」のマネージャーとして新規創業の支援や、マーケティング戦略支援なども行う。
          

パネリスト

有限会社ファーム・ソレイユ東北(お茶のあさひ園)

代表取締役社長 日野雅晴 氏


有限会社ファーム・ソレイユ東北(お茶のあさひ園)

日野朱夏 氏


オフィスイーティング・デザイン代表、紫山のごはんの会 主宰

フードスタイリスト 佐藤千佳 氏


Pontic代表

フォトグラファー/デザイナー 渡邉樹恵子 氏




コーディネーター

 
公益財団法人仙台市産業振興事業団
クリエイティブプロデューサー
工藤 拓也

申込方法

下記申込フォームに必要事項を記入してお申込みください。
お申込はこちら



お問合せ

公益財団法人仙台市産業振興事業団
産業振興部 中小企業支援課
仙台市青葉区中央1-3-1 AER 7F
TEL: 022-724-1122
E-mail: shienka@siip.city.sendai.jp