産学連携セミナー「第119回寺子屋せんだい」
「消費者がおいしいと感じる食べもの~品質を超える価値創造~」

寺子屋せんだいは、大学や高専の先生等を講師にお迎えし、最先端の技術や産学連携の事例などを、分かりやすく話題提供いただくセミナーです。
今回は「消費者がおいしいと感じる食べもの~品質を超える価値創造~」と題しまして、東北大学大学院文学研究科心理学研究室 教授 坂井 信之 氏にご講演いただきます。是非お気軽にご参加ください。

このセミナーはこんな方におすすめです

  • 心理学を使った五感や記憶など産業応用について知りたい方
  • 食品産業と東北大学の産学連携による新たな取り組みに関心のある方
  • 大学の先生や仙台経済圏の企業技術者等とのネットワークを作りたい方

主催

公益財団法人仙台市産業振興事業団

日時

平成30年1月23日(火) 18:00~
(1時間程度の講演終了後、先生方を交えた交流会を行います)

会場

AER7階(公財)仙台市産業振興事業団 会議室(仙台市青葉区中央1-3-1)
アクセス

講師

(講師の坂井 信之 氏)

講師

東北大学大学院文学研究科心理学研究室 
教授 
坂井 信之 氏

【プロフィール】
大阪大学大学院人間科学研究科で学位取得後、日本学術振興会特別研究員、科学技術振興事業団科学技術特別研究員を経て、神戸松蔭女子学院大学人間科学部で家庭科教員・管理栄養士などの養成課程で教鞭を取る。2011年10月から東北大学文学部に准教授として着任し、2017年4月より現職。専門は応用心理学および認知神経科学で、主に消費者の商品評価や消費行動についての研究を行なっている。


セミナー概要

今回の寺子屋せんだいでは、心理学・脳科学的見地から消費者の欲するものについて概説します。「味や品質に自信があるのになぜ売れないのだろう?」「お客様が次に求めるものはなんだろう?」など、日頃から疑問に思われていることが多いと想像します。最初に、私たちが食品や嗜好品を口にしたときに生じる感覚は、味覚ではないことについて説明します。次に、私たちの味わいを構成する要素について、五感や記憶などの脳の機能面から説明します。最後に、消費者はおいしさをどのように感じているのか、どのようなものを求めているのかなど「消費者像」について、わかりやすく解説します。

チラシはこちら

過去の開催報告はこちら

参加費

1,000円(交流会費込み、当日お支払いいただきます)

定員

40名(先着順)

申込方法

※参加申込人数が定員に達しましたので、申込み受付を終了とさせていただきます。
 多数のお申込をいただきまして、大変にありがとうございました。

お問合せ

公益財団法人仙台市産業振興事業団
産業創造部 新事業推進課 担当:浅野・渡邊・玉置
TEL : 022-724-1126 FAX : 022-715-8205
E-mail:shinjigyo@siip.city.sendai.jp