産学連携セミナー「第116回寺子屋せんだい」
「少子高齢社会における暮らしとデザイン~新たな時代へ、マンパワーとICTの活用~」

寺子屋せんだいは、大学や高専の先生等を講師にお迎えし、最先端の技術や産学連携の事例などを、分かりやすく話題提供いただくセミナーです。
今回は「少子高齢社会における暮らしとデザイン~新たな時代へ、マンパワーとICTの活用~」と題しまして、宮城学院女子大学生活科学部生活文化デザイン学科 教授 厳 爽氏にご講演いただきます。是非お気軽にご参加ください。
※終了いたしました

このセミナーはこんな方におすすめです

  • 住まいと地域産業の再生・地域資源活用に興味がある方
  • 今後の新しい建築住宅を考えている方
  • 大学の先生や仙台経済圏の企業技術者等とのネットワークを作りたい方

主催

公益財団法人仙台市産業振興事業団

日時

平成29年10月19日(木) 18:00~
(1時間程度の講演終了後、先生方を交えた交流会を行います)

会場

AER7階(公財)仙台市産業振興事業団 会議室(仙台市青葉区中央1-3-1)
アクセス

講師

(講師の厳 爽 氏)

講師

宮城学院女子大学 生活科学 部生活文化デザイン学科 
教授 厳 爽(やん しゅあん)氏

【プロフィール】
中国・北京出身
専門:医療福祉の建築計画、環境心理
現職:宮城学院女子大学生活科学部生活文化デザイン学科 教授
   宮城学院女子大学 生活科学部長・学生部長(2017年4月~)

~略歴~
2001.3 東京大学工学系研究科建築学専攻博士課程終了
     博士(工学)取得
2001.4 東北大学大学院工学研究科 リサーチフェロー
2004.4 宮城学院女子大学 生活文化デザイン学科 准教授
2011.4 宮城学院女子大学 生活文化デザイン学科 教授
     (現在に至る)


セミナー概要

 少子高齢化が進み、日本は世界でも類を見ない「超高齢社会」に突入。その影響もあり国内の多様な現場では人手不足が顕在化してきており、大変深刻である。
このような状況において、われわれの暮らしはどのように変わっていくのか。
北欧やフランスの医療福祉分野での先進事例を交えて、高齢期の住まいの工夫からロボットなどICTの活用を含めて、新たな時代への暮らしとデザインを展望します。

研究概要

チラシはこちら

過去の開催報告はこちら

参加費

1,000円(交流会費込み、当日お支払いいただきます)

定員

40名(先着順)

申込方法

※終了いたしました

お問合せ

公益財団法人仙台市産業振興事業団
産業創造部 新事業推進課 担当:浅野・渡邊・玉置
TEL : 022-724-1126 FAX : 022-715-8205
E-mail:shinjigyo@siip.city.sendai.jp