ホーム > 経営課題を解決したい > 一緒に考え、一緒に創る “共創型”商品開発ワークショップ

一緒に考え、一緒に創る “共創型”商品開発ワークショップ

ビジネスの競争激化に伴い、商品の独自性や優位性を保つことはますます難しくなっています。
そのため近年、自社だけでなく同業他社や異業種、クリエイターさらには顧客など多様な主体を巻き込んで新しい商品を生み出す「共創」という考え方が広まりつつあります。
そこで、今回は「共創」をテーマとして、他者とのコラボでヒットを生む企業によるトークセッションや消費者意識から新しいみやげのアイデアを一緒に考えるワークショップを開催します。
終了後には、交流会をご用意しています。新しい人的ネットワークをつくる場としてご活用ください。
※終了しました。

このセミナーはこんな方におすすめです

  • おみやげの商品開発に携わっている方
  • 新商品のヒントを得たい方
    ※異業種やクリエイター、これから起業する方など、みやげを取り扱う企業でない方の参加も歓迎します。

主催

仙台市、公益財団法人仙台市産業振興事業団

日時

2017年3月22日(水)14:30~17:30

会場

仙台市産業振興事業団会議室
(仙台市青葉区中央1丁目3-1 アエル7階)
アクセス

対象

中小企業の経営者またはその従業員、これから起業を行う方などどなたでも参加いただけます。

定員

20 名(先着)

参加費

無料
※交流会に参加される方は参加費500円(税込・当日支払)

プログラム

【第一部:トークセッション】
これまでにない商品を生むコラボ方法 14:30~15:30
クリエイターや伝統産業、他社とのコラボで話題の商品を生み出した2社から、取組の成果や苦労話などについて伺います。

        
パネラー商品

(佐々木 英明 氏)

◆パネラー
・株式会社佐々木印刷所
 佐々木 英明 氏
東日本大震災後、「印刷物で復興の役に立ちたい」という想いからオリジナル商品の製作をスタート。代表商品は在仙イラストレーターとともにつくったガイドブック「マッチ箱マガジン」(第1回 新 東北みやげコンテスト生活文化部門最優秀賞)や各地のこけし工人とコラボした「ご当地こけしクリップ」(第3回 新 東北みやげコンテスト最優秀賞)など。

        
パネラー商品

(長澤 由美子 氏)

・岩手県産株式会社東京支店
 いわて銀河プラザ店長
 岩娘會(がんこかい) 長澤 由美子 氏
「岩手の女性(娘)がターゲット目線で“がんこ”に商品開発を行う」女性チーム「岩娘會」。岩手の伝統的な物産品をリブランディングして、「ぺっこ(少し)」ずつ楽しんでもらえる「いわてのおいしさ pecco(ぺっこ)」(第1回 新 東北みやげコンテスト食品部門最優秀賞)などの開発を主導する。


        
パネラー

(岩手 佳代子 氏)

◆モデレーター
・株式会社フカコラ美人 代表取締役
 フリーアナウンサー 岩手 佳代子 氏
気仙沼在住のフリーアナウンサーとして活躍する一方、気仙沼の「美」を発信する企業としてフカコラ美人を創業。
地域産品ブランディング事業として「気仙沼の幸を振舞う・ゑびす振舞い」も立ち上げる。



【第二部:ワークショップ】
消費者意識をヒントにした新しいみやげの発想法 15:30~17:30
ウェルコインターナショナルが独自に行ったみやげに関する消費者意識の調査結果から、新しいみやげのヒントを得てアイデアをブラッシュアップしていく方法を体験していただきます。

        
パネラー

(日置 孝子 氏)

◆ファシリテーター
・株式会社ウェルコインターナショナル
 代表取締役 日置 孝子 氏
富士通よりスピンアウトした企業のマーケティング研究所を母体として2002年ウェルコインターナショナルを設立。以降、定性リサーチ施設運営事業と、商品開発及び新規事業立ち上げのコンサルテーションを実施。


        
パネラー

(山﨑 洋子 氏)

・マーケティングリサーチコンサルタント
 山﨑 洋子 氏

 




※終了後、ワンコイン交流会(17:30~18:30)を開催
 参加費:500円(税込。当日、現金にてお支払いただきます)

 

申込方法

※終了しました。

お問合せ

公益財団法人仙台市産業振興事業団
産業振興部中小企業支援課 担当:玉置
所在地:仙台市青葉区中央1-3-1AER7階
TEL: 022-724-1122 FAX : 022-715-8205
URL:http://www.siip.city.sendai.jp
E-mail: shienka@siip.city.sendai.jp