産学連携セミナー「第110回寺子屋せんだい」
「あらゆる材料は“粉”から出来ている~食品から化粧品、薬品、水素製造まで、粉体から考える~」

寺子屋せんだいは、大学や高専の先生等を講師にお迎えし、最先端の技術や産学連携の事例などを、分かりやすく話題提供いただくセミナーです。
今回は、「あらゆる材料は“粉”から出来ている」と題しまして、東北大学 多元物質科学研究所 教授 加納 純也 氏にご講演いただきます。是非お気軽にご参加ください。

○このセミナーはこんな方におすすめです

  • 「材料の粉砕・混合や、それらの試験に悩んでいる方」
  • 「下水汚泥から水素製造の取組みに興味がある方」
  • 「大学の先生や仙台経済圏の企業技術者等とのネットワークを作りたい方」

主催

公益財団法人仙台市産業振興事業団

日時

平成29年1月25日(水) 18:00~
(1時間程度の講演終了後、先生方を交えた交流会を行います)

会場

AER7階(公財)仙台市産業振興事業団 会議室(仙台市青葉区中央1-3-1)
アクセス

講師

(講師の加納 純也 氏)

講師

東北大学
多元物質科学研究所
教授 加納 純也 氏


加納先生のホームページはこちらから
http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/kano/

【略歴】

岐阜県生まれ
平成9年2月博士(工学)同志社大学にて取得
平成7年6月-平成13年3月東北大学素材工学研究所 助手
平成13年4月-平成17年8月東北大学多元物質科学研究所 助手
平成17年9月-平成20年3月東北大学多元物質科学研究所講師
平成20年4月-平成24年9月東北大学多元物質科学研究所准教授
平成24年10月-東北大学多元物質科学研究所教授
平成13年1月-平成13年3月コロンビア大学客員研究員
平成15年4月-平成16年4月ニュージャージー工科大学客員研究員
平成19年4月-大阪大学接合科学研究所共同研究員
平成22年4月-平成23年3月埼玉大学非常勤講師
平成26年4月-平成27年3月岡山大学非常勤講師

セミナー概要

 粉体は、電子部品や食品、化粧品、鉱工業、薬品などあらゆる産業分野で使われています。我々は1日中、粉体に囲まれて生活していると言っても過言ではありません。
 近年では、ナノテクノロジーの進展や低酸素社会・資源循環型社会が進むなか、粉体レベルでの高機能性材料の開発や製造が行われ、粉体工学は注目度が増しています。しかし、理想の粉体を作るため、実験による試行錯誤では多くの時間や費用、労力を必要とします。そこで加納先生の研究室では、シミュレーションによる粉体の挙動予測を行っており、粉体プロセス設計の最適化や、それに伴う省資源化を図りながら企業との共同研究を実施しています。また、粉体プロセスを活用して下水汚泥(バイオマス)から水素を連続的に製造する装置の設計・製作を行い、世界で初めて水素生成試験に成功。現在は地方自治体や企業と実証実験を行っています。
 今回の講演では、粉体のシミュレーションによる事例紹介や下水汚泥から水素を製造する方法を紹介いただきます。

    

(写真左)ボールミル粉砕のシミュレーション(写真右)粒子破壊挙動のシミュレーション



★研究室の紹介

 加納先生の研究室では、「エネルギー、環境、資源に粉体工学の視点から貢献できる研究を」との考えから、「環境粉体工学」について以下の4つをテーマに掲げています。

1) 省エネルギー化
 粉体の生成プロセスを考える際、事前にコンピューターシュミレーションを活用することで、混合装置製作段階での効率化や装置稼動や製造コストの削減に貢献できます。

2) 省化石燃料化
 特に二酸化炭素を多く排出する鉄鋼業で、製造プロセスを細かく見直し最適なプロセスシステムを構築することで、コークス使用量の低減や二酸化炭素の排出削減を目指しています。

3) 創エネルギー化
 下水汚泥はエネルギーに使用できる有機成分が8割ですが、その利活用は一部に限られています。処理施設に毎日必然的に入ってくる下水汚泥を使って、効率的に、貯蔵・運搬できる水素製造を目指しています。試験では水素の収率90%以上を達成しています。

4) 再資源化
 破砕プロセスを導入して、廃棄物から目的物質を高効率で回収しようとする試みです。特に小型家電等には貴重な金属が使われており、資源としての回収を目指しています。



チラシはこちら

過去の開催報告はこちら

参加費

1,000円(交流会費込み、当日お支払いいただきます)

定員

40名(先着順)

申込方法

※終了しました。

お問合せ

公益財団法人仙台市産業振興事業団
産業創造部 新事業推進課 担当:吉田・浅野
TEL : 022-724-1212 FAX : 022-715-8205
E-mail: shinjigyo@siip.city.sendai.jp