ホーム > 新事業を展開したい > 第100回寺子屋せんだい

産学連携セミナー「第100回寺子屋せんだい」
『不可能への挑戦~有機ELと歩んだ20年、切り拓いた新しいものづくりの道』

(公財)仙台市産業振興事業団では、平成16年度から「敷居の低い産学連携」を目指し「御用聞き型企業訪問」や技術者向けのサロン形式セミナー「寺子屋せんだい」を開催してまいりました。
今回は100回目の寺子屋せんだい開催を記念し、世界で初めて白色有機EL素子の開発に成功し、有機ELの世界的権威として知られる山形大学城戸淳二先生をお招きし講演いただくとともに、会場を移して産学連携交流会を開催します。
産学連携に関心を持つ企業の皆様のご参加をお待ちしております。

このセミナーはこんな方におすすめです

  • 有機ELの開発に至った着眼点を知りたい企業の方
  • 開発した素材を応用展開していくヒントがほしい企業の方
  • 大学の先生等や仙台経済圏の企業技術者等とのネットワークを作りたい方

主催

公益財団法人仙台市産業振興事業団

共催

仙台市

開催日

平成27年11月20日(金)

講師

山形大学
大学院理工学研究科有機デバイス工学専攻
教授 城戸 淳二 先生

        
講師

 (城戸 淳二 先生)

【略歴】
1959年大阪府生まれ。ニューヨークポリテクニック大学大学院にてPh.D.修了、1989年より山形大学にて有機ELの材料・デバイスの開発に従事、93年には世界初の白色発光素子の開発に成功、経済産業省・NEDOの有機ELプロジェクトの総括責任者や山形県産業技術推進機構有機エレクトロニクス研究所長も務めた。
城戸先生のホームページはこちらから
http://oled.yz.yamagata-u.ac.jp/index.html

会場・参加費

講演会

開場 15時00分
講演 15時30分~17時00分
会場 せんだいメディアテーク 7階スタジオシアター (仙台市青葉区春日町2-1)
アクセス
参加費 無料(先着100名)

産学連携交流会

時間 17時30分~19時00分
会場 とらの尾(仙台市青葉区国分町2-9-35 センカンプラザビル2階)
アクセス
参加費 3,000円(税込、講演会受付時にお支払いください)(先着60名)

セミナー概要

 山形大学城戸研究室では、平成元年より有機ELに関する研究をスタートし、有機半導体材料の合成からデバイス開発まで行ってきました。
 なかでも白色有機EL素子を世界で初めて開発し、材料メーカーばかりでなく、ディスプレイメーカーや照明メーカーなどとも共同研究を行い、三菱重工等と合弁会社を設立し、照明用白色有機ELパネルを実用化するに至りました。
「有機物には電気は流れない」「有機物は弱い」など、電子デバイスとしては使えないという当時の「常識」を覆し、今や次世代ディスプレイといえば有機EL、最先端の照明といえば有機ELと呼ばれるようになるまでの取り組みについて、紹介いたします。

チラシはこちら

過去の開催内容はこちら

申込方法

※終了しました。

申込締切

平成27年11月13日(金)まで

お問合せ

公益財団法人仙台市産業振興事業団
地域産業振興部新事業推進課 担当:吉田・望月
TEL : 022-724-1212 FAX : 022-715-8205
E-mail: shinjigyo@siip.city.sendai.jp