ホーム > 経営課題を解決したい > 経営支援セミナー > 経営幹部・後継者育成セミナー

企業を成長に導くマネジメントスキルを向上させる「経営幹部・後継者育成セミナー」

企業を継続、発展させていくためには、トップはもちろんのこと、それを補佐する経営幹部・後継者の果たすべき役割が極めて大きく、重要となっています。
また、経営環境は目まぐるしく変わり、本業だけに固執するのではなく、新たな事業価値の創造に果敢にチャレンジしていくことが求められています。
そこで、今回のセミナーでは、全3日間の課程で、自社の新たな事業価値を創造するために必要な、現状分析から戦略立案を行うポイントを、事例と演習を通して学びます。これにより、次世代のリーダーに必要な『マネジメントスキル』を向上させることを目指します。
※募集を終了しました。

  • Point1 演習と事例
    少人数制のゼミ形式で行う セミナーですので、知識を学ぶだけでなく自ら考え実行する力が身に付きます。
  • Point2 具体策の立案
    自社が行うべき具体策の立案を通して、実践的なマネジメントスキルの向上を目指します。
  • Point3 異業種交流
    異業種の参加者とのディスカッションを通じて、新しい視点の獲得や視野の広がりが期待できます。

このセミナーはこんな方におすすめです

  • 経営幹部・後継者として自社の将来を考える力を身につけたい
  • 新たな事業価値を創造して、マネジメントする手法を知りたい
  • 異業種の方と交流して新しい視点で自社を見直したい

日時

10月8日、15日、22日(木)(全3日間)各13:30~17:30

会場

AER7階(公財)仙台市産業振興事業団 会議室(仙台市青葉区中央1-3-1)
アクセス

参加費

1名につき10,000円(税込、当日お支払い)

対象

経営幹部、後継者等(候補・経営者の方も歓迎) ※1社から複数名でのお申込みも可能

定員

15名(先着順)

内容

1日目『現状の“真の力”を知る』
現状の強み・弱みを点検し、なぜ顧客から選ばれているのかを検証する。それが今後どのように推移していくのか、 現状の“真の力”を見極める。

2日目『今後の“あるべき姿”を想定する』
環境の変化に合わせて新たな事業価値を検証する。“あるべき姿”を想定し、現状分析から戦略立案という、トップ層に求められる重要課題の流れやポイントを理解する。

3日目『目標実現のための“具体策”を立案する』
目標を実現させるためには戦略から具体的戦術へ落とし込んでいく必要がある。受講者同志の意見交換を通して、上記プロセスが経営幹部・後継者の必須のマネジメントスキルであることを理解する。

講師

講師

(講師の 柳沼 芳裕)

公益財団法人仙台市産業振興事業団
ビジネス開発ディレクター 中小企業診断士 柳沼 芳裕

“共に考え、共に行動する”“打つ手は無限!”

【略歴】地元会計事務所にて経営コンサルタント業務に従事した後、平成12年9月に中小企業診断士事務所として独立開業。 これまでの間、コンサル指導先1200先の実績のほか、商工会議所・商工会・金融機関等でセミナー講師、創業塾、経営革新塾等の講師を数多くつとめ、全国優良講師としての表彰を受ける。
仙台市産業振興事業団では、ビジネス開発ディレクターとして中小企業の人材育成や事業計画立案等の支援を行っており、実践的な経営改善手法に定評がある。

申込方法

※募集は終了しました。

リーフレット | 参加申込書

お問合せ

公益財団法人仙台市産業振興事業団
地域産業振興部中小企業支援課 担当:玉置
TEL: 022-724-1212 FAX : 022-715-8205
E-mail: shienka@siip.city.sendai.jp