経営革新セミナー「ビジネスチャンスを広げる!外国人観光客をお店に呼び込む!~インバウンドと外客免税制度の活用~」

現在、各地で訪日外国人観顧客拡大に向けたインバウンド政策が推進されており、宮城県や仙台市でも外国人観光客の増加が見込まれ、大きなビジネスチャンスと言われています。
本セミナーでは外国人観光客に精通している講師を招き、観光に関する県内の現況や観光客を呼び込むノウハウ、インバウンドや免税制度を活かして成功している店舗や地域の事例を紹介いたします。


【インバウンドとは?】
他地域からの入域客のことで、ここでは海外から日本への観光客を指します。

概要

このセミナーはこんな方におすすめです!
  • 宮城県や仙台市に来る外国人観光客の特徴を知って、売上アップにつなげたい。
  • 他企業・他地域の外国人観光客の取り込みによる成功事例を知り、売上アップに活かしたい。
  • インバウンドや免税制度について興味があり、今後取組んでいきたい。

日時

平成27年1月30日(金)13時30分~16時30分

場所

AER7階 公益財団法人仙台市産業振興事業団 会議室
アクセス

対象

中小企業の経営者や販促担当者の方など

講師

(講師の 櫻井 亮太郎 氏)

講師

株式会社ライフブリッジ
代表取締役 櫻井 亮太郎 氏

仙台市出身。中学卒業後、アメリカの高校で3年、イギリスの大学4年学び、その後3年間ドイツ、そしてオーストラリアの現地企業にてITエンジニアを務める。帰国後は外資系銀行、証券会社に勤務し、2006年に株式会社ライフブリッジ設立。留学斡旋や帰国時の人材紹介会社までのトータルサポートのほか、「日本人による日本人のための英語塾」など各種英語セミナーを開催している。

内容

・宮城県内における外国人観光客の実態、習慣など
・外国人観光客が求めていること、困っていること
・今後の県内で外国人観光客の増加が期待できるキャンペーンやイベント
・外国人観光客をお店に呼び込むためのポイントや接客のコツ
・インバウンドや外客免税制度を活かした事例紹介
・外客免税制度の概要


◆外国人観光客に関する主なトピックス
2013年    観光客数が初めて1,000万人を突破
2014年10月 外国人観光客向け消費税免税制度改正。食品や化粧品などの消耗品を含めたすべての品目が免税対象に
~今後の予定~
2015年 3月  仙台市で国連防災世界会議開催
2016年 3月  仙台空港が民営化。今後30年で年間観光客数を2倍の600万人に増やす計画
2020年    東京オリンピック開催

チラシはこちら

定員

40名(先着順)

受講料

3,000円(税込、セミナー当日支払い)

          

申込方法

※終了しました。

上記以外の申込方法

平成27年1月8日(木) 午前9時より募集を開始します。
申込書に必要事項を記入の上、Eメール、FAX、郵送、窓口にてお申込みください。申込受付後、Eメール、FAX、TEL、郵送にて受講のご案内をお送りします。
※原則的に、お申込みいただいた方法にてご案内をお送りします。(該当する連絡先がない場合は、Eメール、FAXを優先します)
※お申込みに関して、3日(土日、祝日除く)後までにご案内が届かない場合は、お手数ですが、下記問合せ先までご連絡ください。

                                

問い合せ・申し込み先

公益財団法人仙台市産業振興事業団
地域産業振興部 中小企業支援課 吉田
〒980-6107 仙台市青葉区中央1-3-1AER7階
TEL:022-724-1212 FAX:022-715-8205
E-mail:shienka@siip.city.sendai.jp


こちらもおすすめ


最新イベント情報は「せんだいE企業だより」で!

登録された方には、当事業団をはじめとして各産業関係団体が行う支援施策の最新情報などをタイムリーに無料でお届けします。情報の取得方法はメールマガジン、Twitter、Facebookからお選びいただけます。

メールマガジン

リーフレット
配信停止
バックナンバー

Twitter


閲覧はこちら