ホーム > 経営相談 > 災害リスクマネジメントセミナー

災害リスクマネジメントセミナー
備えた企業が生き残る!早期復旧した企業の対応を現場で学ぶ

災害リスク対策は自社の被害軽減・早期事業再開にあたって大切なのは勿論、取引先からの評価向上、継続的な取引確保につなげる上でも必須の課題です。
本セミナーでは東日本大震災において工場が津波で被災しながらも、事業継続計画(BCP)を発動し、震災から8日で事業再開を果たした地域企業の現場を視察。事例を通じ、対策のポイントをご紹介します。

概要

主催

(公財)仙台市産業振興事業団、仙台市、中小機構東北本部 中小企業大学校仙台校、仙台商工会議所

日時

平成24年7月23日(月)9:30~16:30

会場

公益財団法人仙台市産業振興事業団会議室(仙台市青葉区中央1-3-1AER7階)
※事例企業視察は貸切バスにて上記会場より送迎します

内容

①講演(9:30~12:00)

事業継続のためにここだけは押さえたい! 中小企業が備えるべき災害リスク対策

講師

(講師)
株式会社フォーサイツコンサルティング 代表取締役社長
浅野 睦 氏

(メッセージ)
いざという時に役立つBCPは、間違いなく現場の実態に即しています。現場の従業員が自分たちで必要なことを考え、自分たちで実際にBCPを動かせるようにしています。このセミナーでは、オイルプラントナトリ社の現場から何を学ぶか、という視点を大切にし、現場が何をどうすれば実効性の高いBCPになるかを習得していただきます。


②事例企業視察(13:00~16:30)

津波に被災しながらも驚異の早期復旧を果たした株式会社オイルプラントナトリの現場を視察

講師

株式会社オイルプラントナトリ 代表取締役社長
武田 洋一 氏

(メッセージ)
東日本大震災で、壊滅的な被害を受けたが事前に取組んでいた『BCP』の構築と同業者との共助関係や取引先様からのご支援により、主力事業の廃油部門が災害発生8日後、液状廃棄物が14日後の再開で社業の立直しを図る事が出来ました。
また、自らが被災しながらも地域貢献に努めた今回の災害経験等を伝える事により、一人でも辛い思いや悲しい思いをする人が減る事を願い『いざと言う時』の備えをする切っ掛けになって頂ければ幸いです。

BCP

株式会社オイルプラントナトリ工場敷地(2011年3月11日午後5時撮影)

対象

中小企業の経営者等50名(先着)

参加費

無料

申込方法

※終了しました。

お申込み・お問合せ先

公益財団法人仙台市産業振興事業団 中小企業支援課 担当:赤羽
〒980-6107 仙台市青葉区中央1-3-1 AER7階
TEL 022-724-1122 FAX 022-715-8205
E-mail shiencenter@siip.city.sendai.jp


地域産業振興部 中小企業支援課
TEL 022-724-1122
FAX 022-715-8205
E-mail:shiencenter@siip.city.sendai.jp