2017年8月17日更新

一度見たら、忘れられないこのCM…歌を歌っているのは、「山路製めん工房」店主の山路智恵子さん。仙台市宮城野区宮千代にある工房ではうどん打ち体験教室も行っているとのこと。さっそく、うどんづくりに行ってきました!



|うどんの「めん」のみを手仕事でつくる製めん工房

笑顔で迎えてくれたのは、「山路製めん工房」店主の山路智恵子さん。実は、山路さんは「yumbo」というバンドでドラムを担当しています。「うどん」と「ドラム」を打つ山路さん、どんなリズミカルなうどんができるのか楽しみです。

うどんづくり_01やまじさん
山路さんは香川県でうどん打ちの職業訓練を経て、兵庫県明石市ではライブイベントでうどんを打ったり、販売したりしていました。現在は生まれ育った仙台で工房を設け、「自分好みの食べ方でうどんを楽しめるように」という想いで、うどんの「めん」のみを販売しています。工房での直売だけでなく、地方への発送も行っていますよ。

うどんづくり_18うどん並ぶ
店頭で販売しているうどん

|粉からはじめる「うどん打ちコース」を体験

うどん打ち体験教室は2種類コースがあります。「①粉からはじめるうどん打ちコース」と「②のし棒でのばすとこからはじめるうどん打ちコース」です。他にもゆで方、食べ方のワークショップも行っているそうです。
では、さっそくうどん打ちをはじめましょう!山路さんのイラストとともに、大まかな体験内容をご紹介します。

<材料>
・中力粉 ・塩 ・水
・コーンスターチ(打ち粉)

<用意するもの>
・計り ・塩水をつくる入れもの
・スプーン ・ビニル袋
・のし棒 ・包丁
・ボウル ・まな板

うどんづくり_03【訂正】よういするもの

1.塩水をつくる
塩(25g)に水(225g)を加え、よく溶かします。

うどんづくり_04しおみず
2.粉をさらさらにする
ふるいにかけることもありますが、山路さんは手ですくって指の間から落とします。空気を含ませるように手を左右に振ります。

うどんづくり_05さらさら
3.粉に塩水を少しずつなじませる
塩水を半分まわし入れます。手を「ガチョーン」というような丸めた形にし、指先でボウルをこするように混ぜます。 混ぜた小麦粉と手についた小麦粉を真ん中に集め、更に残っている水を半分にして入れます。

これを3~4回繰り返します。適宜、指やボウルについた小麦粉を落としたり、大きいダマはちぎります。 小麦全体にまんべんなく、水分がいきわたるようにしてください。 どんどん、色がクリーム色になっていきます。

だんだんと重くなり、力が必要になってくるので、休みながら混ぜましょう!
うどんづくりは急ぐ必要がなく、のんびりとできるところがいいところなんだそう。

やまじうどん_11【訂正版】なじませ工程

4.ビニール袋に入れて踏む
粉を真ん中に寄せて、両足で踏みます。踏むというよりは、足で抑えるという感覚。 袋をひっくり返して、ロール状に巻き、さらに踏む、という作業を2回繰り返します。 ミルフィーユ状の層をつくることで、さらに弾力が出てくるそうです。 あまり踏みすぎると弾力の元であるグルテンが破壊されてしまうので、注意してくださいね。

やまじうどん_ふむ01

5.団子にととのえて、1時間~1晩寝かせる
団子の状態に「丸める」というよりも、「ととのえる」というイメージです。 真ん中に角を集めていくように折り込み、団子の形にします。 写真のようにまとまったら、電球のような形にし、最後にまた団子の形にととのえます。

やまじうどん_まるめる02
ニコっとしたマークのように、かわいい団子ができました。

やまじうどん_スマイル
1時間~1晩寝かせます。今回は1時間寝かせました。自分の体感と同じ心地よさの温度で寝かせてあげると、いい生地になるそうです。 待っている間、山路さんおススメの音楽を聴いたり、うどんのことについて質問したりと楽しい時間を過ごすことができました。

やまじうどん_寝かせる01
※山路さんの脳内イメージ、うどんが擬人化して見えるそうです。笑


6.踏んで平らにする
のし棒で伸ばすと中心が薄くなるため、盛り上がるように踏んで伸ばします。 一度薄くしてしまうと元に戻らないので、ゆっくり慎重に踏みます。

やまじうどん_たいらにする01
7.コーンスターチ(打ち粉)を両面に振ってのし棒でのす、
コーンスターチを台に振ったら、生地を置き、生地にもコーンスターチをまぶします。 親指を揃えて両手でのし棒でのします。「3回前へ伸ばしたら、1回手前に引く。」を10セット行います。 これを90度回転して繰り返すと、四角形のような形になります。

やまじうどん_ふってのばす01
8.たたんで切る
包丁の刃渡りよりも短く、折りたたみます。めんの長さや太さなど、形は自分好みに切ってOK。普段は食べることができない形に挑戦することもできます。 ずっしりとした包丁で、同じ太さに切るのは緊張しました。

やまじうどん_みつおりきる01
9・うどんが完成!
うどんが完成しました!5玉分のうどんができました。その場でゆでて食べることもできますが、持ち帰りも可能ですよ。

うどんづくり_19完成

|自分でつくったうどんを食べてみよう!

できあがったうどんを、たっぷりのお湯でゆでます。
今回は、釜揚げうどんでいただきました。用意した薬味は「ねぎ、のり、おろし生姜」、醤油を垂らしてシンプルに。食べてみると、コシがあっておいしい!自分で打ったうどんは市販のものより、かわいくて(?)おいしく感じました。

うどんづくり_02かんせい

うどんづくり、いかがでしたか?本当はもっと細かい注意点が沢山あるんです! その秘訣が知りたい方は、ぜひ手打ちうどんを体験してみてくださいね。 うどん打ち体験についての詳細は山路製めん工房にお問い合わせください(TEL:022-290-9423)。

やまじうどん_うどんちゃん

山路製めん工房

住所:宮城県仙台市宮千代2-11-24-102
※営業日・時間はホームページからご確認ください。
TEL:022-290-9423
MAIL:miyachiyo@hotmail.com
URL:http://yamaji.strikingly.com/

うどんづくり_18うどん並ぶ

Share