2017年9月25日更新

夏の疲れ、残っていませんか? 季節の変わり目は気温差により、体のバランスを崩しがち。 「体調がイマイチだな。」「食欲がないな。」と思った時に訪れてほしいのが、太白区長町一丁目の「旬美食 翠屋」。

翠屋_①
野菜やハーブ・スパイスなどを使った、体にやさしい創作料理を楽しめる隠れ家的なお店。 木と緑の落ち着いた雰囲気で、女性ひとりでもゆったりくつろげる居心地いい空間です。

翠屋_②

|旬美食 翠屋は「体にやさしい安心ごはん」

翠屋_③
「旬美食 翠屋」のランチは、安心・安全な食材を使った「体にやさしい安心ごはん」。 お米は宮城県産のひとめぼれや無農薬で栽培される古代米、野菜は旬の新鮮なものを坪沼の農家から直接仕入れるというこだわりがたくさん。

手づくりの調味料は、オリジナルブレンドのオーガニックハーブやスパイスを使っているのだそう。 一汁五菜+αのバランスランチをはじめ、カレーやミネストローネなど野菜たっぷりで鮮やかなメニューを日替わりで楽しむことができます。

翠屋_④
ボリュームたっぷりですが、不思議なことに完食しても「食べ過ぎた!」という罪悪感がないんです。 むしろ、食べれば食べるほど体にいいことをしているような感覚に…。 栄養バランスを考えた食事をつくる時間がない、忙しい大人女子にぜひ食べてほしい!

|人気メニューは、「甘酒」

翠屋⑤
近年、甘酒は栄養価の高さから「飲む点滴」と注目されています。甘酒の原材料である麹菌には、でんぷんや脂肪を分解する消化酵素がとっても豊富。だから、腸内環境を整えるのにぴったりなんですね。

翠屋⑥
加熱する前の糀

一般的な甘酒は保存がきくよう高温処理をされているものが多いのですが、ここの甘酒は非加熱でつくられている自家製の「生甘酒」。非加熱なので、酵素を生きたまま体に取り入れることができるから更に栄養満点! そして、岩出山産の米麹を用い、無加糖・無添加に仕上がっています。 お米も砂糖も入れず糀のみを発酵してつくる「生甘酒」はクセがなくとっても自然な甘み。実はあまり甘酒が得意ではなかった私が思わずリピートしてしまったほど! ランチドリンクとしても提供されているほど、大人気なんです。

|腸美人でお肌も体も元気に!

翠屋_⑦
腸をキレイにすると、体調がよくなるのはもちろん美肌にもとってもいい影響があるそう。 その効能は、店長の長谷川さんに会えば一目でわかります。 お肌、つやっつやなんです。それはもう、羨ましいほどに。

お店では自家製の糀を料理の調味料としても使っているので、腸内環境を整えてくれる食事をおいしく摂ることができるんです。

「何かを食べない。という健康法もあるけれど、その人ごとに合う食べ物があるんです。 その時、その人の心と身体に合うものをおすすめしていきたいですね。」と語る、長谷川さん。 夏バテで弱った体も、夏の日差しで荒れたお肌も、糀のチカラたっぷりのおいしい料理で整えちゃいましょう!

店長の長谷川さんは2017年9月15日より、クラウドファンディングをスタートしました。 仙台市坪沼地区のお米を使った珈琲を作るプロジェクトです。
下記リンクより、ぜひ応援をお願いいたします。
https://readyfor.jp/projects/midoriya


「生甘糀」はお持ち帰りもおすすめ

自家製の「生甘糀」は、冷凍で持ち帰りが可能。自宅で、お水や豆乳、牛乳で割って甘酒として楽しむこともできる。砂糖の代わりに料理やお菓子づくりに使っても◎。冷凍500gパック1200円(税別)

翠屋⑧

旬美食 翠屋

  • 住所:宮城県仙台市太白区長町1丁目5-3
  • TEL:022-247-7155
  • 定休日:毎週月曜日、第1・第3火曜日
  • 営業時間:ランチタイム11:30~14:30(ラストオーダー14:00)
  • カフェタイム(現在準備中)
  • ディナータイム(ご予約のみOPEN)
  • https://midoriya.amebaownd.com

翠屋_ショップ情報写真



フリーライター 田代智美

1972年福島市生まれ。印刷・広告関連会社での約20年の営業経験を経て、2014年よりフリーランスのライターに。主に結婚情報誌のディレクション&ライティングに携わりつつ、時にフリーの営業業務委託も行う。「自分の仕事で、誰かの日常をちょっとだけ楽しく」がモットー。
tashiro.t20@gmail.com

田代さんプロフィール写真

Share