2017年6月30日更新

仙台市宮城野区出花に店舗を構える「スポーツ工房NEXTT」。村田貴洋さん、 鈴木徹さんのおふたりによって設立された、バドミントンやテニスに強いスポーツショップで、ガットの張り替えやラケット販売をメインに事業を展開しています。今回は、そんな「ガット張り男子」の村田さんと鈴木さんをご紹介します。

仙台ガット張り男子09
このスペースでさまざまなスポーツ用品の修理を行う。

―会社設立のきっかけは?

村田 某大手スポーツ用品店で長いこと働いていて、同僚だったんです。
いつからともなく、「一緒にやろうか」となって起業しました。
鈴木 年齢は離れているんですけど、気が合ったんですよね。

仙台ガット張り男子03
(左)村田 貴洋さん、(右)鈴木 徹さん

―スポーツ用品店では、自分の出身競技の担当になるんですか?

村田 必ずしもそうではなくて、スキル習得のため意図的に違う競技の担当を任されることもあります。そうして経験を積んでいくことで、オールマイティーにさまざまなスポーツの担当ができるようになるんです。

仙台ガット張り男子01
―その経験からガットの張り替えをメインとしたお店を開こうと思ったんですね。

村田 働いているうちにガット張りがうまいかも…と思うようになったのと、修理がおもしろいな…と思って。ガット張りはお客さまと接する時間が長いし、定期的に来ていただくことで関係が築けるのがいいなと思いました。
鈴木 今は障がい者スポーツにも興味があり、ブラインドテニスに参加させてもらうことがあるんですが、みなさんすごく上手で手ごわいんですよね(笑)。
村田 先日も練習に参加しましたけど、僕ら負けてますからね。やばいっすよ(笑)。

―ガットの張り替え依頼は、どのくらいの頻度でくるんですか?

村田 バドミントンだと、1週間に1回とか。ガットが細いので、部活でやっている子はそのくらいの頻度で持ってきますね。テニスだと2週間から1か月に1回くらいですね。

仙台ガット張り男子02
―張り替えにはどのくらいの時間がかかるんでしょう?

鈴木 30分はいただいてますね。スピードだけを求めればもっと早くできるんですけど、クオリティ第一でしっかりと張りたいので。
村田 とは言え、即日渡しができているのでスピードとのバランスは悪くないと思っています。作業中はお店の中で待っていてもらうんですが、いろいろ話をしながらだとお客さまもあっという間みたいで。高校生の恋愛相談に乗ったりとか、僕らも楽しませてもらっています(笑)。 張り替え作業って、大型店だと時間がかかってしまうんです。1週間に1回切れるのに、1週間待たされてしまう。それだと、「練習でも試合でも自分のラケットが使いたい」という、当たり前のニーズに答えることが難しいんですよね。
鈴木 試合直前にガットが切れて、泣きながら来るお客さまもいらっしゃいます。部活終わりの閉店ぎりぎりに電話が来ることも少なくありません。ちょっとでも早く直したくて、一生懸命お店を調べて来てくださるので、誠心誠意対応させていただいています。でも、夜の10:30に電話がきたことが1回だけあって、そのときはさすがにびっくりしましたね(笑)。ちょうど仕事が立て込んでいて店にいたので、対応できてよかったですけど。

仙台ガット張り男子05
テニスラケットのガットを張り替える鈴木さん。



スポーツ工房NEXTT

住所:仙台市宮城野区出花2丁目70-6
営業時間:10:00~20:00
TEL:022-781-9252
URL:http://www.sportsknextt.com

スポーツNEXTT

Share