2017年5月15日更新

今日もおにごろ

天気がいい日は近くの公園のベンチでお弁当ランチ。外で食べるおにぎりにワクワクするのは、遠足とか運動会とか、家族や友だちと一緒に食べた記憶がくっついてくるからかもしれない。そんなことを思いながら、ちょっと具材に一工夫してみました。小さめに握って具はたっぷり、がお気に入り。一からつくらなくても買い置きの惣菜や調味料の組み合わせで、味わいのバリエーションを楽しめる“飽きない”おにぎりに。

onigiri


onigiri-title2

  • やわらか小女子佃煮(白胡麻)

    やわらか小女子佃煮(白胡麻)木の屋石巻水産
    石巻・女川漁港で水揚げされた鮮魚をやわらかく炊き上げています。白ごま・一味、実山椒、カレー味など味わいも豊富。買い置きしていると何かと便利な缶詰です。
    詳しくはこちら
  • SENDAI MISO01

    SENDAI MISO 阿部幸フードサービシーズ
    宮城県産大豆と山形産米、香川県産塩と厳選した食材を使って、100年以上使用している秋田杉の樽に寝かせて熟成すること1年半。天然醸造の本物の仙台味噌です。
    詳しくはこちら
  • 仙臺薬念醤(ヤンニョムジャン)

    仙臺薬念醤(ヤンニョムジャン)有限会社趙さんの味
    国産丸大豆醤油をベースに、国産素材にこだわってつくられています。ニンニク、ショウガ、玉ねぎがたっぷり。宮城蔵王産ラ・フランスのやさしい甘みと野菜の味わいを感じる万能調味料です。
    詳しくはこちら

料理教室「紫山のごはん会」主宰 フードクリエイター 佐藤千夏

2002年より創作料理の教室を自宅で開催、素材を活かしたシンプルなレシピとセンスあるテーブルコーディネートが話題に。ほかに商品開発やセミナー講師、料理写真スタイリングなどで活躍中。
HP http://www.mgohankai.info

佐藤さんの特集をもっとご覧になりたい方はコチラへ!  「ごちそうサラダのドレッシング」
 「ごはんの友」
 「おうち居酒屋」

佐藤 千夏

Share