実践的ワークショップ|ファン作りは小さなストーリーから!魅力を伝える販促の基本 | 起業家セミナー | 仙台市起業支援センター アシ☆スタ

イベントレポート

実践的ワークショップ|ファン作りは小さなストーリーから!魅力を伝える販促の基本

起業家セミナー

・日時 2018年7月12日(木) 18:30 ~ 21:30

・受講者数 32名
・講師 公益財団法人仙台市産業振興事業団
    ビジネス開発ディレクター 門馬 祥子

何を、誰に、どうやって?あなたの商品・サービスの「ストーリー」を作りましょう!

夢が叶って、さぁ開業!となっても計画通りの集客は難しいものです。どんなに魅力的な商品やサービスも伝わらなければ意味がありません。「想い」をビジュアル化するに当たって、「動機」や「社会性」「未来」まで、ワークを交えながらストーリーの作り方を学んでいきました。
ワークシートを前に、顧客や事業の本質について、言葉にする作業に苦戦している方もいましたが、改めて向き合うことで想いや情報が整理され、それぞれご自身の事業内容にぴったりな「ストーリ-」に近づいていっているようでした。

主な内容

1、事業の魅力を知る
2、事業の本質を考える
 Work1:顧客からスタート(顧客の現実、欲求、価値)
 Work2:本質とは何か(顧客は誰か、どこにいるのか、何を買うのか、関心は何か、競争相手は誰か)
3、想いを理念に
4、事業の価値とは
Work3:ストーリーの作り方(循環するストーリー)
5、顧客に広く伝えるために

参加者の声(アンケートより抜粋)

・企業のストーリーを作ることによって、より理解が深まり、販促のブレがなくなると思いました。
・日々に追われている中、自分の考えを整理することが持てて良かったです。その道筋を示して頂きありがとうございます。
・自分のストーリー、信念をどう伝えるかの困難さを再認識しました。
・ワークシートに書くことであやふやだった部分の多さに気づき、書いているうちに迷いも生じてきました。もっとしっかりと計画をたてなければと実感しました。
・自分のしたいこと、していることを細かく分析していくことは大切なんだなと感じました。先生がおっしゃるように言葉を磨いてみようと思っています。
・ストーリーを持って、商品・サービスを伝えることの大切さ、伝わりやすさの違いがわかりました。企業理念を描きやすくなると思いました。サービスに名前をつける!いいですね

募集時のイベント開催ページはこちら