開業者インタビュー

Hostel KIKO

サービス

海外と地域をつなぐアットホームなゲストハウス

起業のきっかけは何ですか?

私にとってのゲストハウスの原体験とも言えるのですが、幼い頃から父がよく近所の方や地元校ALTを招いてホームパーティーを開いていました。そんな環境で育ったこともあり、いろいろな方と出会い、話をするのが昔から大好きでした。
社会人になってからは自分の住まいで民泊を始め、世界中の人々の交流の場をつくることをライフワークにしたいと考えるようになりました。
現在は不動産業を営む事業オーナーから助言をもらいながら、Hostel KIKOを運営する一員として携わっています。今後は昨年設立した株式会社KIKOとして、運営を受託する予定です。

事業の特徴やこだわりを教えてください

“KIKO”という名称は、私が親しい知人との間で用いている“まぬけな人”という意味の身内言葉に由来しています。
誰しもが間違ったり遠回りをしたりする不完全さを持っている。その不完全さこそが人の温かさでもあると思います。そんな “KIKO”たちが集う、人と人との距離感が近い宿を目指しています。
また、“GLOBAL MEETS LOCAL”というコンセプトを掲げ、海外のゲストと地域の方々が交流できるようなイベントを開催しています。

アシ☆スタのサポートはいかがでしたか?

窓口相談を利用し、主に資金・収支計画や販促、従業員を雇う上での年金や保険の手続きについてアドバイスをいただきました。何から手をつけたらいいのかと迷いながらのスタートでしたが、起業のプロセスを丁寧に教えていただきとても心強かったです。
併せてアシ☆スタの支援メニューが国の「特定創業支援等事業」に位置づけられていることをご案内いただき、本事業を通して法人登録免許税の軽減などの優遇措置を受けることができたのは、起業準備をスムーズに進める上で大きなポイントになりました。

今後の展望を教えてください

地域の方々や近隣商店街との関係性をより深めたいです。今年から小学生を対象に、英語を教科として学ぶのではなくコミュニケーションに活かしてもらうために、海外のゲストと交流をはかる「夏休み子ども合宿」を定期開催していく予定です。
最近ではインターネットなどの発達によって世界中がフラットな関係になってきていますが、仙台・東北はまだ海外との間に壁があると感じています。そのギャップを解消し、海外と地域をつなげる事業を展開していきたいです。

起業家からのメッセージ

宿泊はもちろん、イベントも多数開催していますので、これから留学を考えている方や海外に興味がある方にもご利用いただきたいです。ぜひお気軽にお越しください。


取材日:2018年8月8日

開業者情報

店名
Hostel KIKO
インタビュー
勝水 与茶 (株式会社KIKO代表)
開業
2018年6月
電話・FAX
090-8374-1779
所在地

仙台市若林区東七番丁1-15

Googleマップ