SENDAI for Startups! ビジネスグランプリ2018

ファイナルイベント 開催レポート

受賞者はこちら

平成30年2月4日(日)に、仙台市中小企業活性化センター多目的ホール(AER5階)で「SENDAI for Startups! ビジネスグランプリ2018」ファイナルイベントを開催しました。

「SENDAI for Startups! ビジネスグランプリ」は、仙台・宮城の起業家からビジネスプランを募集し、優れたプランを表彰するもので、「日本一起業しやすいまち」の実現を目指す取り組みの一環として、仙台市や(公財)仙台市産業振興事業団などから成る実行委員会が2015年から毎年行っています。

4年目となる今年は33件の応募が寄せられ、書面審査と面接審査を通過した10組がファイナルイベントに駒を進めました。立春寒波の到来にもかかわらず、会場には起業に興味・関心のある方や起業準備中の方、既に事業を営んでいる方など140人ほどが来場しました。

開会後、まず日本初の託児機能付きオフィスを手掛ける株式会社ママスクエア(本社=東京都港区)代表取締役の藤代聡さんが講演を行いました。

 特別講演会

藤代社長は、株式会社リクルートフロムエー(現・株式会社リクルートジョブズ)を退職後、2004年に日本初の親子カフェ「スキップキッズ」を立上げ、2014年にはママが子どものそばで働ける日本初のワーキングカフェ『ママスクエア ララガーデン川口店』をオープンし、その後わずか3年余りで国内に19施設を展開するまでに事業を拡大した気鋭の起業家です。藤代社長はその体験談を通して、斯業経験を積むことの大切さ、事業を立ち上げる前に行った入念な市場分析、融資を受けるために立てた緻密な収支計画などの具体的なアドアイスを伝えるとともに、出資を得るなどの大きなチャンスを掴むためには、自分がやりたいことを一言で表現できる強い想いが必要だとも強調しました。
「ギリギリまで会社を辞めずに起業準備を進めるべき」「親と親族からお金を借りるのは最後のカードとして取っておく」「お金を払う先には相談しない」「計画と準備はし過ぎることはない」「だが、準備が整ったら踏み出すべきだと」という『5つのアドバイス』は具体的で参加者の心に深く印象付けられたようです。「考えているだけでやらなかった人と、リスクを背負って一歩踏み出した人では雲泥の差。安易に踏み出すべきではないが、いつまでも逡巡(しゅんじゅん)していたのでは駄目」との言葉に勇気付けられた参加者も多かったのではないでしょうか。

 ファイナリストプレゼンテーション

その後、いよいよファイナリスト10組によるプレゼンテーションがスタート。それぞれ5分の持ち時間でスライドや動画を活用し、身ぶり手ぶりを交えながら事業や商品をアピールしました。来場者はメモを取りながら真剣に耳を傾け、起業を決断したストーリー(想い)に始まり、画期的な技術シーズやそのビジネスが必要とされている社会的背景、そして今後の展望などが語られると、深くうなずく姿も見られました。


 表彰式

プレゼン終了後は休憩を挟み表彰式へ。奨励賞、特別賞、オーディエンス賞の後、グランプリ大賞と優秀賞を発表。「競争優位性」「成長可能性・収益性」「実現可能性・継続性」「社会性」の審査基準を総合的に評価した結果、グランプリ大賞には「医・食・住の複合施設による地域共生型まちづくり 〜Project アンダンチ〜」をテーマにした株式会社未来企画が選ばれました。

若林区荒井地区に、高齢者住宅や介護施設、保育所、飲食店、障害者就労施設、交流スペースなどの多様な業種による複合施設をつくり、地域包括ケアの拠点化を目指す同プランは、社会とのかかわりが希薄になりがちな高齢者施設の抱える課題解決を目指し、そこに生きる様々な世代の人々が共生できるような地域の将来のあり方を見据え、それをビジネスとして具体化している点が特に高く評価されました。同社のプレゼンテーションは、来場者の投票によるオーディエンス賞にも選ばれました。

実行委員会委員長の郡和子仙台市長から賞状と副賞を受け取った福井大輔社長は「多くの方が関わってくださっていて、自分の企業だけでは決してなし得ません。いろいろな方に関わっていただきながらまちづくりに貢献していきたいと思います。この賞を汚さぬよう精いっぱい取り組んでいきます」と今年7月の開設を目指し、力強く決意を新たにしていました。

優秀賞には、スマートフォンやパソコンなどの日常的製品などにも使われている「圧電材料」のイノベーションを市場ニーズと結び付け、「新しい圧電結晶材料」として展開する東北大学発ベンチャーの株式会社Piezo Studio(ピエゾ スタジオ)、全国初の音楽療法に特化した高齢者のデイサービスや障がい児の放課後デイサービス事業を中心に、ロボット(Pepper)を店長に活用したユニークな多世代交流型「子ども食堂」の運営などで共生社会の実現に取り組む株式会社ゆらリズムが選ばれました。

入賞者には協賛の株式会社ベガルタ仙台から、ベガルタホームゲームの観戦チケットが贈呈されます。ベガルタ仙台クラブマスコットのベガッ太君も登場し、ファイナリスト一人一人と握手を交わした後、代表して未来企画の福井社長にチケットボードを手渡すと会場からは大きな拍手が。 ベガルタ仙台の大野裕深取締役は「これまで数え切れないほどビジネスプランを拝見してきましたが、どのように継続して発展させていくかが一番難しい。これをぜひ皆さまに成し遂げていただきたいと思います。ビジネスを形にして皆さまと絆をつくり、夢を大きく開いて地域に貢献していってください」と受賞者に激励の言葉を送りました。

 審査員講評 

続いて、審査委員長を務めた東北大学大学院経済学研究科の福嶋路教授が総評。「今回も優秀なプランばかりで甲乙付けがたかったというのが正直なところ」と審査の苦労を話し、この日のプレゼンを見て「面接審査のときよりはるかに説得力、感動を与えるような発表でした」と評しました。

今回はいまの社会を反映したビジネスプランの提案が多かったと福島委員長より総括がありました。具体的には「少子高齢化が進み、老若男女、がんサバイバーなどいろいろな人がいる中で、まとまりを持って一人も孤立させることのない共生社会づくりを目指す提案」「100歳時代と言われるほど長くなった人生を、ビジネスとしてより豊かに意味のあるものにしていこうという提案」「学都仙台において技術の力で社会を豊かにしていこうという提案」などが挙げられます。 「胸を張って今後のビジネスにつなげていっていただきたい」、審査委員一同の願いを込めたエールで講評を結びました。

最後は郡市長があいさつ。「仙台は皆さんのチャレンジ精神を応援し、その思いに応えたいと思っています。行政が用意しているプランやメニューもありますので、関係する皆さんと手を携えて、福岡に追い付け追い越せで起業ナンバーワンのまちを実現できるように努力してまいりたいと思います」と話し、「受賞された皆さまのビジネスがさらに大きく飛躍することを祈念いたします」と締めくくりました。

イベント終了後には来場者がファイナリストとビジネスプランについて意見を交わす姿も見られ、これから起業を目指す人にとっても刺激や収穫のあるイベントになったようです。ビジネスグランプリをきっかけに生まれた人のつながりもまた、「日本一起業しやすいまち」を推進する原動力になっていくことでしょう。

ファイナリスト10組には後日インタビューを行い、当ウェブサイトで公開する予定です。公開を楽しみにお待ちください。

↑ ページトップへ