SENDAI for Startups! ビジネスグランプリ2017

ファイナルイベント 開催レポート

受賞者はこちら

「SENDAI for Startups! ビジネスグランプリ2017」ファイナルイベントを2月5日、せんだいメディアテークで開催しました。

仙台・宮城の起業家からビジネスプランを募集し、優れたプランを表彰する「SENDAI for Startups! ビジネスグランプリ」。「日本一起業しやすいまち」の実現を目指す取り組みの一環として、仙台市や(公財)仙台市産業振興事業団などから成る実行委員会が2015年から毎年行っています。

今回は55件の応募が寄せられ、ファイナルイベントには書面審査・面接審査を通過した13組が出場。会場には仙台で事業を営む方や起業に関心のある方、ファイナリストの関係者などが開場直後から続々と訪れ、当初の定員を超える180人以上が来場し、立ち見も出る盛況となりました。

当事業団の山本和茂理事長による開会のあいさつに続き、大阪市北区を拠点にバイリンガル保育園を展開する株式会社キンダーキッズの中山貴美子社長が特別講演を行いました。

 特別講演会

中山社長は子育ての傍ら起業し、年商20億円を超える規模にまで会社を育て上げた道のりや苦労を話し、その経験を踏まえた起業論を展開。「経営者の一番の悩みは資金繰り」などの心構えを説く一方、「自分のやったこと全てに答えがでて、やりがいがある。やっぱり起業してよかった」と起業家や起業を目指す来場者にエールを送りました。

 ファイナリストプレゼンテーション

その後、ファイナリスト13組によるプレゼンテーションがスタート。それぞれ5分の持ち時間でスライドや動画を活用し、身ぶり手ぶりを交えて自らのビジネスプランをアピールしました。熱のこもったプレゼンテーションに来場者は真剣に耳を傾け、時折メモを取ったりスライドを撮影したりする姿も見られました。


 表彰式

プレゼンテーション終了後は各賞の発表と表彰式。
審査の基準となった「競争優位性」「成長可能性・収益性」「実現可能性・継続性」「社会性」を総合的に評価した結果、グランプリ大賞には株式会社セッショナブルが輝きました。
同社は、女川町にギター工房を開設し、オリジナルデザインのエレキギターを製造・販売しています。著名な工業デザイナーによるデザイン、国産の木材と東北大学が開発した新金属を使い、宮大工の伝統技術を応用するなど、原材料・製法・デザインの全てにおいて東北を意識し、非常に高い独自性、競争優位性が認められました。さらに、ターゲット顧客や価格の工夫、被災地女川に漁業以外の新産業をもたらすことで若者のI・Uターン雇用を創出し、震災からの復興を後押しして社会貢献に取り組んでいることなど、あらゆる審査項目で高く評価されました。

奥山恵美子仙台市長から賞状と副賞を受け取った梶屋陽介社長は「3年前に仙台で起業した時から多くの方々に温かいサポートと応援を頂いて、ここまで事業を進めてくることができました。栄誉ある賞を頂いたので、今後は仙台・宮城の良い起業例として挙げていただけるように事業の成長に向けて頑張っていきたいと思います」と力強く決意を述べました。

そのほか優秀賞には、クラウドファンディングで記録的な規模の資金を調達しポータブルDJシステムの海外展開に挑む株式会社JDSound、東北大学発のベンチャーで途上国での感染症拡大を防ぐ画期的な検査紙を開発した株式会社TBA、導電性繊維による面状発熱体の製品化で従来の融雪設備の問題点を解決する株式会社Fabtechを選出。そして来場者の投票により最も印象深いプレゼンテーションをしたファイナリストに贈られるオーディエンス賞には、日本茶とフレーバーを組み合わせた新たなお茶の楽しみ方とライフスタイルを提案するOCHACCOが選ばれました。

各特別賞、奨励賞はこちら

入賞者には協賛の株式会社ベガルタ仙台から、ベガルタホームゲームへのVIP招待券とS席観戦チケットを贈呈。プレゼンターに立った竹中嘉久取締役は「ぜひ私どものVIPルームに来て関連企業とネットワークを築いていただき、ビジネスチャンスを広げていただきたい」と激励の言葉を送りました。

 審査員講評 

続いて、審査委員長を務めた東北大学大学院経済学研究科の福嶋路教授が総評。まず、今回は魅力的なプランが多く審査が難航したこと、壇上に上がることができなかったビジネスプランにもあと一歩のものが多数あったことを述べ、「来年は更にブラッシュアップを図って応募していただきたいと思います」と再挑戦に期待を込めました。

ファイナリストのビジネスプランの特徴としては、「新規性が高い」「独自のノウハウを有している」「高い技術力がある」「被災地で雇用を創出している」「社会問題の解決に貢献しうる」「仙台に人材を引き留める可能性がある」などが挙げられました。そして、その中でも特に、今回は海外マーケットを視野に入れた事業プランが過半数を占めたことも大きな特徴でした。
さらに、今回応募のあったビジネスプランには、「東日本大震災が起業に大きな影響をもたらしたこと」「既存の製品に新たな着眼点で価値を生み出していること」「地元にあるものを有効活用していること」という共通の傾向も見られます。「従来からある商品・サービスであっても、少し視点を変えること、今あるものを組み合わせることで東北にもまだまだビジネスが生まれる余地があることを痛感した」と福嶋教授。全ての起業家に「仙台から飛び立って大きな会社になって、仙台の人を雇用し、仙台に納税し、大きな成功を収めることを期待しています」と呼び掛けました。

最後は奥山市長が、「本当に充実したビジネスプランが出てきて、何よりもたくさんの方が現実にビジネスを回しているということで、手応えのあるグランプリに育ってきたと感じました」とあいさつ。「来年も多くの方に、福島先生のお話にあった『視点を変える』をキーワードにチャレンジしてみてほしいと思います。皆様のビジネスが大きく花開いていくことを心から願っています」と締めくくりました。

閉会後の交流会では、ファイナリスト同士が互いのビジネスの成功を誓い、交流を深めました。熱いベンチャースピリットを持つ宮城の起業家が刺激を受け合っている姿からは、「日本一起業しやすいまち」の実現へ仙台が着実に歩みを進めていることが感じ取れました。

グランプリ大賞、優秀賞そして各特別賞に選ばれた7組のインタビューを当ウェブサイトで公開しています。
受賞プランの優位性、起業までの道のりや苦労、そして今後の展望について、公開プレゼンテーションでは語りきれなかった受賞者の想い・志をお伝えしています。

受賞者インタビューはこちら  

↑ ページトップへ